カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

Canonファンの心をくすぐる「マグカップ」登場!

「Lレンズ」に心震える! やけにリアルな「マグカップ」

 写真好き,カメラ好き,Canon好きにとって,「Lレンズ」というキーワードを見聞きするだけで,心が震えるはず。

 Canonレンズの中にあって,蛍石等の贅沢な素材を用い,防塵等の耐環境性を備えた強固な筐体を得て,「高級レンズ」として羨望の的となるレンズ群の名称です。
 想像通り,「L」は「Luxury」の「L」。単焦点から望遠,マクロまで,各種取りそろえられたLレンズは,Canonユーザーであれば誰しもが憧れる存在です。

f:id:es60:20171123160234j:plain

 単焦点や広角,標準のズームは「黒に赤線」,望遠系は「白に赤線」というフォルム。一目で分かるその姿形も「いかにも」という感じがして,私は嫌いではありません。

 私はNikonのD100が発表された直後に購入し,その後D70,D2XD80,EOS40D,5D,5DMarkⅡと,しばらくの間はカメラに資金を投入する時期がありましたが,画質向上が頭打ちになった頃合いで「欲しい」という欲望が薄まりました。

 現在は5DMarkⅡに「EF24-70mm F2.8L USM」と「EF70-200mm F4L IS USM」という2本のレンズで楽しんでいます。

 標準レンズは旧式のLです。解像度は現行品よりも落ちるでしょうが,なんというか「Lレンズ特有」の「飴色掛かった色合い」が好みで手放せません。

 また望遠は「神レンズ」といわれる名機です。デビューしてしばらく経ちますが,その評判が落ちることは全くありませんね。解放が「F4」であることを除けば隙がありません。「キレキレ」です。

 

 さて,そんな「Lレンズ」ですが,この度Canonオンラインショップが,なんとも悩ましい商品を発表しました

f:id:es60:20171123161710j:plain

 

完成度,ヤバイ!

 いや〜,このマグカップ,やばいですね。
 その姿形は正にLレンズそのものです。

f:id:es60:20171123161722j:plain

f:id:es60:20171123161732j:plain

 単焦点は「EF50mm F1.2L」,望遠は「USMEF70-200mm F2.8 L IS II USM」です。
 その選択も実にいやらしい。「Lレンズの顔」ともいえるこの2本を選択するとは…。

 それから,このようなサーマルボトルも…。

f:id:es60:20171123162033j:plain

 げっ,ボトル下部には歴代のCanon名機が…。
 どれも完成度が高いですね。

 個人的にはやはり「EF50mm F1.2L」のマグカップが気になります。しまった黒がかっこいい。でも高いなあ。迷うなあ。
 キヤノンオンラインショップでの発売のようです。