カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

えっ? 2019iPhoneは「指紋認証」?〜Apple,新指紋認証システムの特許申請〜

FACEIDは一時的措置?

 2018年iPhoneの発表も行われていないこの時期に,私からすると「やっぱりなあ〜」と思えるニュースが飛び込んできました。

 Appleが「新指紋認証システム」の特許を申請したという記事です。

f:id:es60:20180819131158j:plain

 一体AppleにとってFACEIDとは何だったのかと考えさせられる内容となっています。

 

指紋を3D画像として認識

 この特許,当然「ディスプレイ内蔵」の指紋認証システムなのですが,他のメーカーとは異なり,
「ディスプレイの下に隠された複数のカメラにより、ユーザーの指紋を3D画像として処理し、本人認証を行う」
ものなのだそうです。

 中華スマホ勢の「ディスプレイの下に指紋認証システムを埋め込む」タイプや,Galaxyの「超音波認知型」とは全く異なる考え方によるもののようですね。

 システムの解説図がこちら。

f:id:es60:20180819123425j:plain

 複数のカメラを埋め込むということで,相当にコストがかかりそうですが,そこら辺はどうなるのでしょうか?
 最近の端末の高価格化はさすがに行き過ぎだと感じていますので,頑張って抑えて欲しいところです。

 

FACEIDは廃止か? 共存か?

 ここでどうしても気になるのが,
「FACEIDは一時的なもので,今後廃止になっていくのか?」
ということです。

 あれだけ様々な物議を呼び起こしたFACEID。
 このままあっという間に消えていくのであれば,
「ベゼルレスiPhoneを実現するための妥協の産物」
「内蔵式指紋認証システムが実現できなかったための間に合わせ」
と揶揄されても仕方無いのではないでしょうか?

f:id:es60:20180819124410j:plain

 AppleはiPhoneX登場時,
「iPhoneXは当初からFACEIDありきで開発された」
ということを声高に発信していました。

 さらに,iPhoneXはiPhone発表10年を記念して発売された象徴的なデバイスだったはずです。
 私が怖いのは,
「Appleはその象徴的な機種に間に合わせの技術を投入したのか?」
という点。

 もし本当にFACEIDを大切な技術として開発してきたのであれば,もう少し大切に扱おうとするのではないかなあ,などと少々うがった見方をしてしまうのです。
 それとも,それ以上に技術の進歩が早く,象徴的に技術でさえ数年で消えてしまうほどの価値しかないということなのでしょうか?

 

認証システムの乱立はよろしくない!

 もしこの新システムが2020年iPhoneで導入されるとなると,恐らく相当高価な端末になりそうですので,しばらくの間はFACEIDと新指紋認証システムの両方が並び立つ時期があるのではないかと考えます。

 しかし,これあまりよろしくありませんよね。

 現行のiPhoneXとiPhone8にしても,結局はFACEIDの不満層がiPhone8を購入するという図式が定着化するなど,結局すべてのユーザーを満足させる「決定打」をAppleがもっていないということを表しているからです。

 

 個人的には,FACEIDの弱点は「カメラを注視しなくてはならない」「マスクなどを付けると認識しない」という「制約」だと考えます。
 その点指紋認証は,たとえはポケットの中で起動させながら移動させ,すでに画面が開いた状態ですぐに画面を見ることができるなどの,「ながら操作」が可能です。スリープ解除に関する「制約」が無いわけですね。

 これ,やはり使い勝手としてはFACEIDよりも格段に優れています。

 

 正直,私はやはり「本命」は新指紋認証システムの方であって,FACEIDは後付けの技術だったのではないかと考えます。
 それとも,「マスク大国」の日本以外の国の方々は,FACEIDに何の不満の感じていないのかなあ?

 いずれにせよ,来年度の以降のiPhoneは,「ノッチレス」「新指紋認証システム」という,デバイスの根幹に関わる部分においての関心事が山積みとなりそうな予感がします。

 Appleがどのような方針で進んでいくのか,非常に楽しみです。