カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

正体現る! Galaxyの「20万円折りたたみスマホ」画像〜ちょっと想像してたのと違って微妙…〜

ついに,はっきりくっきりの画像出ました!

 昨年度来から再三話題になっていたGalaxyの「折りたたみスマホ」。

 先日はいよいよ来年早々にも発表されそうだということで記事にしました。

 LGも参戦,ということで今後の注目のジャンルになりそうですね。

 さて,いつものGeskin氏がなかなか衝撃的な写真をインスタにアップしておりました。
 Galaxyの折りたたみスマホ,「ついに全貌が現わす」といったところでしょうか? 

 

これ,たためてませんが?

 その画像がこちら。

f:id:es60:20180819192408j:plain

f:id:es60:20180819192411j:plain

f:id:es60:20180819192412j:plain

f:id:es60:20180819192414j:plain

 どうやら筐体の中央部分が蛇腹状になっており,無段階に折れ曲がる仕組みようですね。その特徴として…

①当然折り曲げることのできる有機ELディスプレイを採用している。
②フルフラットから折りたたみの状態まで,無段階に調整できる。
③画面はフルベゼルレス。ノッチなし。→画面内蔵指紋認証システム採用?それとも,裏側の四角い部分が指紋認証センサーになっている?
④折りたたみ時はフルフラットにならない!→蛇腹状の部分に大きな隙間が生じる。

といったところでしょうか。

 

 私が1番衝撃的だったのは,「折りたためていない」という点。

 現在のスマホの弱点は,その広い画面の保護に関する点,およびどうしても形状が平べったい板状になってしまう点の2点ではないでしょうか?

 その両方を一気に解決する可能性のある「折りたたみスマホ」分野には,Appleの参入も取り沙汰されており,誰しもが注視しているところです。

 しかし,今回のGalaxy,折りたためておりません。
 これでは画面の保護に繋がらないと同時に,ヒンジ部分に圧がかかると故障の原因になることが容易に予想されます。

 これ,たちが悪いですよ。これまで以上に取り扱いに気を遣いそうです。
 特に,バック等に入れる際。これまでであれば,ケースなどに入れておけばとりあえずバックにさえ入れてしまえばほぼ安心だったわけですが,このGalaxyの形状だと,ちょっと怖くてバックの底の部分には入れることができませんねえ。

 また,もちろんズボンのポケットなどもってのほか。
 気付かずに座ってしまったら,簡単に壊れてしまいそう…。

 

 折りたたんで「収納できる」ところまで行って,初めて折りたたみ式の意義があると考えるのですが…?

 

やはりフルフラットの折りたたみが必要

 これ,やっぱり折りたたみ部が「フルフラット」になることが大前提だと思いませんか?

f:id:es60:20180819194756j:plain


 また,結構重要なのが,折りたたんだ際の形や大きさ。

 あまり画面のサイズを欲張って「正方形」に近い形になると収納に困ることになるでしょうし,もちろん折りたたんだサイズが大きすぎると「折りたたみ式」の意味が大きく薄れてしまいます。

 折りたたみの方式,デザイン,ロック解除のシステム等,なかなか難しそうですね。ただ折りたためばいい…ということではないだけに,各社の創造性が試される分野になりそうです。

 Appleの独創性が,ここで発揮されれば,最近停滞する「Appleの先進性」という部分が再びクローズアップされることになりそうです。
 Appleさん,チャンスですよ!

 

 あっ,値段情報もありました!

f:id:es60:20180819195110j:plain

 えっと〜,1800ドル以上…
 冗談ですか?
 20万の携帯端末なんて買えませんけど…。