カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

これが「MacBook Touch」コンセプト動画!〜疑似キーボードのリアルさがやばすぎる〜

キーボードに不安があるならなくしちゃえ?

 iMacを母艦として購入したものの,モバイル用途としてMacBook Pro(Late2016)を快適に使用しています。

 近年,何かと問題が多いMacBookのバタフライ式キーボード。

 第1世代は打ち込み感が薄く打ちづらい。

 第2世代は,打ち心地は大幅に向上したものの,ゴミ詰まり等による不具合。

 第3世代になってシリコンによるゴミ防止と,若干の静音化が図られる。

 といった具合の推移しています。

 

 私のMacBookProは第2世代のバタフライ式キーボード搭載です。

 様々な意見があるようですが,私はこのキーボード打ち心地を大変気に入っており,今でも打っていると幸せな気分になります。

 何というか,「しっとり感」があるんですよね。
 物理的な押し込み幅は非常に小さいはずなのですが,それを感じさせない「潤い」のようなものがあります。

 しかしこれも不具合によってミソを付けられてしまいました。

 

 そこでAppleは,
「不都合があるんならなくしちゃえば?」
と考えたのかどうなのか…。

 なんと「MacBook Touch」なる,疑似キーボード付きのコンセプトムービーが発表されたようです。

 

なんと,2枚のディスプレイ!

 その仕組みは,「2枚のディスプレイ」で形成されているということ。

 そう。
 1枚は従来のような表示ディスプレイですが,手前のもう1枚の方が「疑似キーボード用ディスプレイ」となっているのです。

f:id:es60:20180827181605p:plain

 写真を見ると,
「なんじゃこれ!」
という感じであまりリアリティーを感じられないのですが,動画で見ると不思議と現実的に感じるのです。

 キーボード用液晶が手前から「す〜っと」現れてくる文字表示。
 上部に表示される大きな情報画面。

 これがもし現実のものになるのであれば,ある一点の不安を除けば胸が高鳴ります。

 その不安とは「鍵打感」です。

 

「Taptic Engine」を搭載した触覚フィードバック機能採用?

 私,元々はしっかりとした,それでいてしなやかな鍵打感のキーボードが好きで,Windows環境時代には名機とされる東プレの「RealForceシリーズ」を愛用していました。

 ですから,iPadの液晶上のキーボードには大変違和感を感じますし,そもそも使いたいと思いません。

 もし,「MacBookPro Touch」の液晶キーボードが硬いガラスを叩くような鍵打感しか提供してくれないのであれば,きっと絶望してしまうことになるでしょう。

 

 しかし,上記の記事には以下のようにAppleらしい解決策のヒントが隠されています。

★キーボードをタイプすると本物のキーのような感触を再現する技術の特許を申請したことが分かっている

 何のことはない,これ,iPhoneのホームボタンやMacBookのTrackpad等に採用されてきた「Taptic Engine」を搭載した触覚フィードバック機能のことではないでしょうか?

 つまり,物理的には1枚の平坦な板なのだが,あたかも物理キーボードを打ち込んだかのような「感触」だけをユーザーに与えるというもの。

 

 もし本当にこんなことが可能なのであれば,夢は一気に加速します。

 アップルの「Taptic Engine」技術は非常に素晴らしく,
「これが物理的には1枚の板で,全く動いていないとは思えない」
と心からの称賛に値するほどのものだと考えているからです。

 だとすれば,恐らくキーボードのキーの「押し込み感」も,上手に表現してくれるはず。
 キーボードの常識が変わる代物です。

 

問題は技術的な実現性とコスト

 問題は以下の2点だと考えます。

①本当に実現する?

 仮にアップルが特許を取ったことが事実だとして,それが本当に実現するほどの期待をかけていいものなのか?

 これまでは,iPhoneにしてもMacにしても,「1枚の板」「1個のボタン」という,広さ的に限定的な中での使用に,その用途は限られていきました。

 キーボードともなると,何十個ものキーが存在しますし,一個一個への微妙な調整が必要となるでしょう。

 東プレの「リアルフォース」でも,小指で叩くキーに関しては圧が弱めに設定されており,より小さい力で打ち込むことができるようになって異機種もあります。

 Appleがどの程度までこの点を真剣に考えているか?
 ここ,結構重要な部分です。

 

②高くなるんじゃない?

 モニター2枚,新技術のキーボード…

 はい,分かってます。きっとお高いんですよね。

 せっかくの技術も,その恩恵を受ける人がほんの一握りだったら…。
 「キーボード」という最もメジャーな入力機器が,気軽に手にすることができないものになってしまったら?

 これはこれで,考えただけでも恐ろしくなります。

 

 アップルさん,「落としどころ」が重要ですよ。
 機能面,価格,使い勝手…。しっかりと一般のユーザーに目を向けながら進んでくださいね!