カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

使用1年で考える〜Apple Watchの「バンド」,どれがいい?〜

今回は装着感の話です

 Apple WatchSeries3(Cellularモデル)を1年間利用し,出した結論は,

①画面の15%拡大は一大事。Series4に買い換える

②その際,結局殆ど使わなかったCellular機能は捨て,GPSモデルを購入する

という結論に至ったことは,これまでもお伝えしてきました。
 今回はApple Watchの「装着感」の話です。

 この点については,以前にも話題にしたことがありました。

 このときの話題は,腕に巻いたときの「蒸れ感」とWatch裏側のセンサー部分の出っ張りによる「違和感」でした。

 1年の使用を経て,これらについてどのように考え,今後どのようなベルトを使っていこうと考えているのかについて書かせていただきたいと思います。

 

「センサーは慣れる」しかし「蒸れ」は…

①センサー部の「違和感」

 こちらについては何とか慣れることができました。

 ただ,物理的な突起として存在するので,気になる人は非常に気になると考えます。

 このセンサーは,Apple Watchの心臓部分ですのでこの感覚がなじまない人は少なくともApple Watchは無理かも…。

 また,センサー部が肌に触れ,それ以外は接していないという物理的な違いが生じることから,肌が敏感な方々にとってはそもそも難しい問題となり得る部分です。

 この部分が金属であればこの違和感は生まれなかったと思われますが,プラスチックのような素材なので,この「変な感覚」が生じるのだと考えます。

 解決策とすれば,
①背面を「フルフラット」にする
②素材を違和感を感じないような素材に変更する
というところでしょうか?

 本体が多少重くなっても,「違和感」を感じるよりはいいでしょう。
 あくまでも「時計」であり,起きている間はほぼ装着しているものですので…。

 

②バンドによる「蒸れ」について

 この点については,これまでの私は腕時計というと金属製のバンドしか使用したことがありませんでした。
 金属製のいいところは,熱伝導率のせいか,「蒸れる」という感覚が少ないこと。
 もちろん夏場などは汗をかきますが,「蒸れ」とは全く違う感覚です。

 また,汗をかいたら気軽に水で洗えますし,渇きも早い。適切な長さで使えば,無用な締め付け感もありません。

 

 これに対してApple Watch。
 私がバンドとして「快適」と感じることができそうなのは「スポーツバンド」と「スポーツループ」のみ。

 

「スポーツバンド」は堅いナイロンのような素材なので多少の蒸れ感あり。
 しかし,汗や水には強く,「濡れて染み込む」という感覚はもちろんありませんし,水洗いもできる。

f:id:es60:20180826182938j:plain

 ただ,留め具部分は「穴」が空いているタイプなので,「ジャストフィット」という感覚を味わうことがなかなか難しい。(人間,その日の感覚で今日は緩く,今日はきつめに…などということが結構大事だったりします)

 

「スポーツループ」は,無段階で締め付け具合を調整できるのが強み。
 暑くない季節だと絶妙な心地よい装着感。

f:id:es60:20180826182948j:plain

 しかし,梅雨時から夏場を今年経験して感じたことは,
「この蒸れ具合は最悪」
ということ。

 私には無理です。夏場は…。不快すぎます。

 また,一旦水に濡れると,その不快さか倍増し,これまた「もう無理」。
 完全に乾くまでにもかなりの時間を要します。

 

ということで,結論!

 ということで,結論は…

①秋口から春までは「スポーツループ」

②梅雨時から夏までは「スポーツバンド」

ということ。

f:id:es60:20180826182926j:plain

 恐らく買い換えのために,現在のWatchはヤフオクに出品することになると思います。

 Series3はスポーツバンド付属のWatchを購入していますので,後から買い足したスポーツループは残し,スポーツバンド付属のApple WatchSeries4を購入かな?