カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

不人気iPhoneXSを望んで購入する理由〜欲しいときが買い時→Appleアルアル〜

翌日でも当日配送可のiPhoneXS

 いや〜,歴史的不人気機種になるかもしれませんね,iPhoneXS。

 出足も相当悪かったことは本ブログでも書きましたが,翌日になっても「9/21配送可」のモデルがあるなんて,これまでのiPhoneには無かったことなのではないでしょうか?

 高額な割にiPhoneXとの差異が無く,10月には「iPhoneXR」の発売が控えているという現状。

 それにしてもこんなに出足が悪いとは,さすがに予想できませんでした。
 そりゃ,すんなりと予約手続きが進むわけです。

f:id:es60:20180913210530j:plain

 

 さて,それでも私はiPhoneXSを予約しました。

 元々はiPhoneSE2を熱望していたわけですが,春先のリークも大々的に空振りに終わり,今回の発表時には「iPhoneSEの販売終了」というとんでもない事態に…。

 これ,相当ショックでした。
 SE2の開発自体,本当に立ち消えになったのかもしれませんね。延期ではなく…。

 最大の「買い換えチャンス」が消滅した以上,私にはiPhoneXの後継機という選択しかなくなってしまいました。
  …と書くと,かなりネガティブなように取られるかもしれませんが,意外とそうでもありません。

 その理由について書かせていただきます。

 

iPhoneXSを使いたい理由

①ベゼルレス全面ディスプレイを堪能したい

 私,iPhone6→iPhone7と,過去4年間「同じデザインのデバイスを使用していた」 ことになります。
 もちろんiPhone3GSから利用していますので,「iPhoneを」ということではなく「筐体のデザイン」のこと。

 iPhone7が発表されたときには,
「何でデザインが同じなんだよ!」
とショックを受けたものでした。

 この流れの速いスマホ業界において,何が哀しくて同じデザインを4年間も…という思いは常にどこかに抱えながら使用してきたように思います。
 まあ,性能的に不満はありませんでしたが,やはり筐体のデザインやインターフェイスの進化は味わっていたいものですよね。

 

 ですから,今回の機種変においては「ベゼルレス全面ディスプレイ」が絶対条件。また,この機会に「有機ELディスプレイ」も欠かせない要件でした。

f:id:es60:20180908121231j:plain

 「iPhoneXR」は液晶ですし,解像度で劣るなど,やはり物足りません。4年間待ったのだから…ということでiPhoneXSシリーズに絞られる形になりました。

 

②Maxは大きすぎ,高すぎ

 となると選択肢は「iPhoneXS」と「iPhoneXS Max」ということに。

 私の使用方法からすると,サイズ的に「iPhoneXS」ということになります。常にどこかのポケットに入れておきたいのです。Apple Watchとの接続の絡みもありますし。
 さすがに「Max」では「常に」ということができない場合も想定されます。

 また,「片手操作」がある程度保障されるサイズとなると,やはりMaxはちょっと大きすぎ。個人的に手のサイズが小さいということもありますので。

 

 また,当然Maxは高額すぎます。
 「価格下げ」というリークを吹っ飛ばして「現状維持」を押しつけてきたAppleに腹を立てながら,「64GB」モデルを選択しましたが,動画をため込むわけでもなく,音楽も本格的には専用のDAPを使用しているため,そんなに容量にはこだわっていませんでしたので,それはそれでOK。

 しかし,もし私の用途が「大画面」を要求するものであったなら,Maxにいったかもしれませんので,私にとっては「大きさ>価格」ということだったのだと今更ながらに分析しているところです。

 

③Face IDの進化

 これ重要です。

 iPhoneXに関する様々な情報を見ていると,やはり最大の欠点は「Face ID」だと感じます。

 直視しなければロックが解除されないということは,やはり致命的な欠陥なのではと考えるからです。

 だとすれば,せめてその「精度」と「スピード」が上がって欲しいところ。
 旧タイプのFace IDでは,寝起きの顔を認識しない,マスクをしていると解除できない,解除までの時間がかかる…等の不満点があるようでした。

f:id:es60:20180915134655j:plain

 これらの不満点がどれだけ改善されているか…。

 私としては,これ程様変わりせず,価格を据え置いた「iPhoneXS」を発表したAppleの評価点として,この部分をかなり厳しくチェックしたいと考えています。

 

 iPhoneXユーザーが,
「XSのFace ID,めちゃくちゃ進化してる!」
と驚くくらいの性能アップでなければ,Appleの負けではないかと…。

 さて,どうなるか?

 

④カメラ性能,特にポートレートモード

 ポートレートモードの進化も買い換えの理由になると考えます。

 今回は撮影後に「被写体深度」を任意に変えることができるとのこと。
 これ,画期的ですね。

 デジタル一眼を創生期から使っている私としては,本来であれば超高級な単焦点レンズを購入しなければ表現できなかった画像をお手軽に手に入れることができるということ自体が魔法です。
 まあ,画質そのものは一眼とは比べものにならないことは理解していますが,「手軽に」というところがミソ。

 また,輪郭処理が向上して,より背景との区別化がはっきりしたポートレート撮影ができるようになるとのこと。 

 楽しみでなりません。

 

欲しいときが買い時

 この夏,時期はずれですがiMacを購入した私。  Apple製品に関しては,本当に「欲しいときが買い時」と考えるのが現実的にも,精神衛生上も適していると感じます。

 世間のiPhoneXSに対する評価が今後どのように変遷していくかは分かりませんが,私はiPhoneXSしたことを後悔することはないのでは…と考えています。