カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

Apple Watchのバックアップの取り方,復元の仕方〜初めてのWatch買い換えに備えて→再認識する母艦iPhoneの役割〜

ん? Apple Watchのバックアップの取り方や復元の仕方が分からん!

 昨年度Apple WatchSeries3を購入し,今年はApple WatchSeries4。

 「画面の拡大」という「根本の変化」にはどうしてもあらがえませんでした。

 そしてそのApple WatchSeries4のステータスが「配送準備中」になってからふと気付きました。

「ん? バックアップや復元の仕方……分からん!」
と…。

 

 ということで,早速調べてみました。
 参考にしたのは以下の記事です。

【保存版】アップルウォッチを売る前の初期化方法| ヒカカク!

 

バックアップの鍵はiPhoneが握る!

 私はApple WatchSeries3のCellularモデルを購入し,つい最近までLTE契約で使用していたのですが,先月末,その契約を解除しました。
 「GPS機能で十分」という結論に至ったからです。詳しくは以下の記事を…。

 というわけで,もし私のようにCellularモデルからGPSモデルへの移行を考えている方や,キャリア変更をされる場合は,そもそものLTE契約を解除する必要があります。

 解除方法は…
 iPhoneのWatchアプリ→マイウォッチ→モバイル通信→キャリア右側の!をタップ→ 契約解除(ここは各キャリアによって若干違いがあるようです)
と進めばすぐに終了。
 あっけないほどにあっという間。
 ちなみにauでは,契約解除月の料金を「日割り」にして請求してきました。

 

 さて,本題。

 まずはApple Watchが「バックアップされるタイミング」です。

 これには,以下の2つのタイミングがあるようですね。

①ペアリングされたiPhoneがiTunesかiCloudにバックアップされたとき

 つまり,Apple Watchの情報は全てiPhone内に収納されているということ。
 母艦となるiPhoneがバックアップされることで,自動的にApple Watch側のデータもバックアップされるようです。

 

②WatchとiPhoneのペアリングを解除したとき

 ペアリング解除時に,Watch上のデータは全て消去されますが,iPhone内には残るのだそうです。

f:id:es60:20180917145713j:plain

 いや〜,よく考えられてますね。

 

iPhone側で全てが終了!

 バックアップがiPhone側に残る…ということは,そう,復元もiPhoneからされるわけです。

 新しいApple WatchとiPhoneとをペアリングさせた後,「バックアップから復元」を選択することで,以前のWatchの情報がそのまま復元されるというわけです。

f:id:es60:20180917145728j:plain

 

 いや〜,iPhone様々。

 逆に,
「やはりApple WatchはiPhoneとの紐付けが大前提になっているのだな」
ということを再認識させられました。

 

 教訓

 何はなくともiPhoneのバックアップ!