カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iPhoneXSのポートレートモード編集が「MacOS Mojave」でも可能に〜iPhoneXSとフォト画像①〜

ポートレートモード編集はMacOS Mojaveでも可能だった!

 これまで,iPhoneXSのカメラ性能,特に「ポートレートモード」の魅力について何回か綴ってきました。

 技術的に決定的な弱点はあるものの,ズバッと決まったときの魅力は相当なものを秘めているのがiPhoneXSのポートレートモード。

 そもそも,「様々な障害」をどのように取り除いていくか…というのが,本来のカメラの楽しみ方であるはずですので,一眼レフを利用している身としては,「何でもかんでも撮って出しで楽しめる」よりも,楽しみの幅が広がっていい感じです。

 

 さて,iOS12では,撮影時にのリアルタイムで絞り変更ができるようになりそうだということは,前掲の「④」でご紹介しましたが,実はMacでもこの絞り変更ができるということを初めて知りました。
 新OS「MacOS Mojave」だけの特権のようです。

 

「写真」アプリで楽々編集

 このポートレートモード編集は,Macの「写真」アプリから行うことが可能となっています。

f:id:es60:20180929114939j:plain

 このMac純正の「写真」アプリですが,以前はできることが限られていた上に,インターフェイスが決定的に使いづらく,個人的には全く使用していませんでした。

 しかし,最新版では機能も日常使いには十二分すぎるくらいに増え,インターフェイスも劇的に改良されいて,正直驚きました。

 更に,今回のようにiOS機器との機能の融合が図られるなど,ずいぶんとユーザー目線での改良が進んでいるという印象です。
 これからは「写真」アプリを使用する機会が増えていきそうです。

 

 ということで,実際に私も試してみました。

 

うん,大画面での編集はやはり楽ちん

 写真アプリで編集したい画像を選択するとこのような画面に。
 題材は夏の終わりを告げる向日葵の画像。

f:id:es60:20180929115545j:plain

 この時点で,iPhoneXSのポートレートモードで撮影された画像には,左上に「ポートレート」と表示されます。

 右上の「編集」をクリック。

 するとこのような画面に。

f:id:es60:20180929115733j:plain

 すると画像の右下に「被写体深度」という欄が現れ,ここで絞り値である「F値」を調整することができるようになります。

 この欄をクリックすると,スライダーが現れ,それを左右にドラッグすることで自由自在にF値変更が可能。とても楽ちん。

 まあ,iPhoneXSで行う場合も非常に作業はしやすかったので,どちらが優れているかというレベルではありません。

 

 しかし,iPhoneXSと比べてMacで作業する際の絶対的なアドバンテージは,「大画面」です。

 iPhoneXSでもピンチしながら拡大等はできますが,iMacの27インチで行う写真編集作業とはもはや比べる対象ですらないことはおわかりでしょう。

 「手早く作業したいならiPhoneXS」「画像のレタッチ等も含め,じっくり編集したいならMac」と,編集作業の目的に合わせてユーザーの選択肢が広がることは非常に喜ばしいことです。

 

iPhoneXSとフォト画像①

「向日葵〜夏の終わり〜」(iPhoneXSポートレートモード,絞り開放に編集)

f:id:es60:20180929121003j:plain

 

「糸瓜の主張」(iPhoneXSポートレートモード,絞り開放に編集) 

f:id:es60:20180929121121j:plain