カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iPhoneXR向け純正クリアケース発売!〜大反対! Appleの美意識はどこへ?〜

これまでとの戦略の違いに大いなる違和感

 正直,かなり驚きました。
 驚いた…というよりもがっかりしたという感じですかね…。

 なんと,iPhoneXR向けに,純正のクリアケースが発売されるというのです。

 Appleのこの決断,皆さんはどのように受け止めますか?

 

「戦略変更」の大義名分はどこに?

 これまで,Apple純正のiPhoneカバーといえば,「シリコン製」と「レザー製」の2種類でした。

f:id:es60:20181013144234j:plain

 もちろん,せっかくの美しいiPhoneの背面を覆ってしまうという不満の声もありました。実際,私もiPhone7以前は純正以外のクリアタイプを使用することが多くありました。

 しかし,Appleはクリアタイプを発売せず,AppleStoreで販売されるクリアケースはサードパーティー製のものに限られていました。

 

 私は,この状態を,以下のように捉えていました。

 

 そもそも,スティーブ・ジョブズは,
「iPhoneは裸でもって欲しい」
ということを述べていました。

 多少の傷が付くことは承知の上で,「iPhoneの美しさ」を楽しんでもらいたいということが第一前提として,iPhoneの底流に流れているということです。

 しかし,iPhoneの外装は美しいが故に傷つきやすい。そして修理代は馬鹿高い。どうしてもカバーの需要は大きいものがあります。

 

 しかし,クリアタイプのケースはどうしても「チープ」な感じがあることは否めません。外観を楽しみたいという思いと,端末を保護したいという思いの二兎を追うことで,どうしても弊害が出るということでしょう。
 まあ,どちらがいいということではなく,考え方の問題です。

 そこでAppleはクリアタイプは捨て,あえて透過性のない「シリコン」と「レザー」を選択することで,中途半端感を払拭したかったのではないでしょうか?

 

 背面を捨てることで得る純正カバーなりの「美」の追求。
 これが,私が考えた「Appleがここまでクリアタイプのケースを作らなかった」理由です。
 実際,純正レザーケースを使用してみると,それまでの
「背面を見ていたい」
という願望はすっかり消えました。
 それくらい純正のケースは素晴らしいです。 

 

 しかし,ついに「禁断」の領域に手を出してしまったApple。
 私は,これまでとの考え方のズレに,大きな違和感をもってしまいました。

 

「カラー」は楽しめるが… 

 もちろん,クリアケースにすることで,iPhoneXRのウリである「カラバリ」は楽しめることでしょう。

f:id:es60:20181013142956j:plain

 しかし,どうしてもチープ感は出てしまいます。
 iPhoneXRは「ミドルクラス」という位置づけではありますが,キャリアでの実売価格は10万超え。もはやハイエンドです。

 その端末になにも純正品でクリアタイプを用意することはなかったのではないでしょうか?

 しかもこのケース,記事によると55カナダドル=4,700円とのこと!

 Amazonであれば1,000円ほどで購入できるものを,わざわざ購入するメリットとは?
 それとも,決定的な「性能の違い」があるのでしょうか?

 

 どうしても,Appleの美意識,これまでとの戦略のズレが気になってしまいます。