カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iPhoneXSとiPhoneXRの「ベゼル厚」の差をどう考えるか〜実機を見て結論が出た…あくまでも個人的だけど〜

どうしても気になるiPhoneXRのベゼル

 どうしても気になっていたんです。iPhoneXRのベゼルが厚いこと…。

 以前から本ブログでは,iPhoneXSに比べてiPhoneXRのベゼルが厚くなっていることを話題にしてきました。

 というのも,iPhoneXSに機種変した際,「ベゼルレス」を謳っていたiPhoneXSも,思った以上に「はじっこから実際に映る画面との間の黒い縁」が厚いことに驚きました。
 それまでiPhone7を使用してきた私は,お恥ずかしながらあまりiPhoneXをじっくりと触ったことがなかったのです。

 もちろん映像や写真では飽きるくらい見ているわけですが,やはり実際に使用してからの印象とは結構違うことに驚きました。

 

 この「iPhoneXSでさえ厚く感じる」ということを考えると,どうしても気になってしまうわけです。iPhoneXRのベゼル。 

 

 すると,正にこの「ベゼル厚の差」を取り上げた記事を見つけました。

 実際に手にした皆さん。
 いかがでしょうか? 気にならないものですか?

 

見た目は…やっぱり無理

 個人的に考えると…やっぱり無理です。
 以前にも書きましたが,やはり生理的に無理かな…と。

 iPhoneXSでさえ純正レザーケースの内側にある黒い縁とベゼルの部分が非常に目立つのです。これ以上広がることを考えると…。何か気持ちが落ち着かなくなるのです。

 

 不思議なのですが,iPhone7までの頃には全く感じなかった感覚を,全面ディスプレイの機種には感じるんですよねえ。画面が浮き上がってしまうような感覚です。

f:id:es60:20181025210212j:plain

 どうですか?
 iPhoneXR,違和感を感じませんか?
 これ,カバーを付けるとよりはっきり感じますよ。
 iPhoneXSの場合でさえ,純正レザーケースの内側と実際の画面までの距離が「2㎜強」あります。iPhoneXRの場合,その距離が「4㎜弱」ほどに広がるのではないでしょうか?

f:id:es60:20181025211105j:plain

 画面が6.1インチであり,ただでさえ筐体が大きくなっていることに加え,実際はの表示画面はそれほど大きくなりきれないという事実。
 それに加えてこの「浮遊感漂う」画面表示。

 年中見つめる画面だからこそ,この違和感にはNOです。
   どうしても気になって,実機を見ずにはいられない状態になってしまいましたので,昨日いつものヤマデンに行って参りました。

 

実機は…やっぱり無理

 仕事帰りにヤマデンに行くと…

 案の定,各キャリアにその時点で何機種かの「在庫あり」の表示。
 寄ってくる店員さんには,
「iPhoneXSを購入して,iPhoneXRを見に来ただけですよ。」
と話したのですが,店員さん自体も暇ならしく,世間話へと発展。

 どのキャリアの店員さんも,
「iPhoneXS,結構売れてないみたいですね。」
「そうなんですよ。大変でした。」
「iPhoneXRが売れなかったら大変ですね。」
「そうなんですけど…。この通り,なかなか厳しいです。」
と,結局は愚痴のような感じで話していました。

 やはり売れていないんじゃないかな…,今年度のiPhone。

 

 さて,実機です。
 こちらがiPhoneXR。店頭での写真ですので,角度が悪かったり,映り込みがあったりで申し訳ありません。

f:id:es60:20181026182238j:plain

f:id:es60:20181026182241j:plain

 

 それで,こちらが私のiPhoneXS。こちらはiPadAir2のカメラで撮影していますので,画質そのものがディスプレイの評価にはなりません。あしからず。

f:id:es60:20181026182327j:plain

 ベゼルの厚さ,角度がちょっと違うだけで分かりづらくなるのですが,私の感覚からすると,
「相当違う」
となります。

 結構違いますよ,これ。
 特に「横」の感覚。
 ビシッとタイトに横から圧があるような感覚で,画面に収縮感があるのです。

 私からすると,やはりiPhoneXSで本当にギリギリ我慢できるという感じ。iPhoneXRでは大きな違和感が残りました。
 筐体が大きいのに,やたらとディスプレイが小さいという印象が強かったです。

 

有機ELと液晶の違いは…?

 更に大きな違いを感じたのがディスプレイです。

 iPhoneXSは有機ELディスプレイ,iPhoneXRは液晶となっていますがiPhoneXRの液晶は,「Liquid Retina」と呼ばれるもので,Appleとしても自身をもっているもののようです。

 しかし,完全に有機ELディスプレイの勝利ですよ,これ。

 有機ELディスプレイに慣れていると,どうしても液晶の「白」のギラつき,「黒」の締まりのなさが気になりました。
 やはり液晶は,どうしても「バックライト」で照らさなければならないということにより,過度な光を送り込んでいるのだと確信できます。
 同じ照度でも明らかに有機ELの方が落ち着いて見えるのです。

 一番お付き合いすることが多い部分である「画面」の性質がそもそも全く異なるのですから,もし落ち着いた色味が好きな方であれば,迷わずにiPhoneXS系を選ぶべきだと考えます。

 

 非常に派手目で,刺激的な色味が好み…という方は液晶がいいのかもしれませんが,有機ELディスプレイの方が目に優しいとい科学的データもあるようですので。 

 

 というわけで,私個人としては,iPhoneXSを選択してよかったという結論に至りました。しかも何の迷いもなくです。

 「画面」「見た目上,どうしても気になること」等の,「性能どうこう以前の絶対的な部分」で,私にはiPhoneXSが合っていたということになります。

 ほっとした気分でヤマデンを後にした私がいたことは,いうまでもありません。