カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iPhoneXRの「Haptic Touch」は未完成!〜3DTouchと置き換えるなら大きな改善が必須〜

iPhoneXRの「Haptic Touch」は未完成品

 iPhoneXRを褒め称えるレビューが多い中,先日は,iPhoneXSとiPhoneXRとの「ポートレートモード」の意味合いについて考えました。 

f:id:es60:20181019191357j:plain

 

 今回も,両機種の相違点から,今年度のiPhoneについて考えていきたいと思います。

 

 さて,今回のiPhoneXRでは,これまでの3DTouch機能がなくなり,「Haptic Touch」へと置き換えられました。
 本ブログでは,このHaptic Touch機能が今後のiPhoneの標準となるかもしれないという情報を取り上げ,ある意味で疑問を呈してきました。

 これまでの3DTouchは,
「そんなの使わないから,無くなってもいいよ!」
というものの一つだったかもしれません。

f:id:es60:20181028120115j:plain

 でも個人的には結構重宝していたんですよね。
 電話アプリで「よく使う項目」をポップアップさせたり,写真を直感的に確認したり…。

 また,これまでiPhone7のディスプレイ上にアシスティブタッチのボタンを置いて,「ホーム画面に戻る」「スリープ」機能として活用してきました。
 iPhoneXSに機種変した今も使い続けています。

 「ホーム画面に戻る」に関しては,「下からスワイプ」と甲乙付けがたい機能性ですが,親指を画面下までもっていくことが手間で,未だにアシスティブタッチボタンを使用する方が多いです。
 これが「スリープ」になると,ほぼアシスティブタッチですね。握り直して親指を電源ボタンに持っていってスリープさせようとは思いません。
 この「スリープ」の際には,アシスティブタッチを深く押し込むという3DTouch機能を活用します。これができなくなると本当に困るのです。

 

 「Haptic Touch」のレビュー記事を見かけました。記事内では「悪くない」としていますが,果たしてその実態はどうなっているのでしょうか?

 

やはりHaptic Touchは「機能限定版」

 昨日も紹介させていただいた「Appleが大好きなんだよ」さんの動画。
 この中に「Haptic Touch」に関する内容も含まれておりました。


お待たせしました後編!iPhone XR実機自腹レビュー・カメラをX/XS Maxと比較/Haptic TouchやLINE/持ちやすさ<訂正版>

 

 最も気になっていたのが,「Haptic Touch」が,一体どの程度「3DTouch」の機能をカバーできているのか…という点です。

 上掲の動画を観る限り,やはりその機能は「限定的」といわざるを得ません。

 やはり致命的なのは,深く押し込んだ際の機能に対応仕切れていないということ。
 純正アプリの中には,「Haptic Touch」でも「長押し」することでこれまでの機能が有効になる場合もあるようですが,多くのアプリでは長押ししても「アプリ削除」の動作に移行してしまうようです。

f:id:es60:20181028120849g:plain

 これではだめなんですよ。
 もし「Haptic Touch」へ本格的に移行したいのであれば,Appleはこれまでの「3DTouch」の機能を補填しなくてはなりません。
 また,それ以前に,なぜ「不完全なままで」Haptic Touchを発表しなくてはならなかったのでしょうか?

 そこまでしてXRの価格をどうしても下げたかったのか?
 どうしても解せません。

 

来年度の「Haptic Touch」が勝負!

 来年度のiPhoneは,周期的に大きな変革のモデルにあたる年。
 もしかすると,全面的に「3DTouch」が廃止され,「Haptic Touch」へと移行されることになるかもしれません。

 だとすれば,今年度の「宿題」をしっかりと解決し,「フル機能」の「Haptic Touch」を搭載することが要求されます。

 

 さらに,機能の削減で浮くであろうコストを,価格面に反映させていただきたい。僅かばかりではありましょうが,価格面でもユーザーに寄り添おうとしている姿勢を,Appleは見せていく必要があると考えます。
 ただでさえどんどん高騰していく端末価格に,うんざりしている人が増えていますので…。

 もちろん私もそのうちの1人ですが…。