カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

小松菜奈主演「恋は雨上がりのように」レンタルレビュー〜女子高生と中年バツイチの精神的再生の物語〜

小松菜奈主演「恋は雨上がりのように」

 小松菜奈さん主演の「恋は雨上がりのように」のレンタル視聴をしました。

 以前にも話題にさせていただきましたが,やっぱりレンタルまで待つことに…。 

 

 短距離のアスリートとして将来を嘱望されていた小松菜奈さん演じる「橘あきら」が,アキレス腱断裂のけがから立ち直るまでの精神的再生の物語。

 大泉洋さんさえない店長への恋心や,陸上部親友やライバルとの関わりの中から,陸上への再チャレンジを選択するまでを描く,爽やかなストーリーなっています。

f:id:es60:20181122182046j:plain

 

小松菜奈さんの「目力」にやられる

 映画予告編からも分かるように,まずもってこの映画,小松さんの「目力」に圧倒されます。

f:id:es60:20181122182500j:plain


「恋は雨上がりのように」予告

 

 アキレス腱断裂で落ち込んでいるときに,何気ないやり取りで救ってくれた店長への思い。まっすぐなその思いを,じっと見つめる目線だけで表現する小松さん。やはり,ただ者ではありません。

 

 このほかにも,落ち込んだり,喜んだり,悩んだり,苦しんだり…といった,様々な表情を使い分ける小松さん。

 小松さんのファンであれば,その姿を見ているだけで癒やされること請け合いです。

 

ストーリーとしては…ちょっと浅いかな?

 肝心のストーリーとしては…。
 ちょっと浅いかな…という印象です。

 あきらに言い寄られる側の店長「近藤」が,思いのほかあっさりとあきらとの距離感を保つわけですが,現実だったら,もうちょっと気持ちが揺れるので?
 「恋愛」というベクトルにもう少し振ってもいいかな…と思いました。そのあたりが,期待していたよりもちょっとあっさりしすぎだったかな?

 また,「あきらに影響されて,また執筆活動を始める」という部分を,もう少し繊細に描けていれば…,とも考えます。まあ,こちらは大泉さんというよりも,脚本,監督という制作側の責任なのでしょうが。

f:id:es60:20181122183552p:plain

 

 また,あきらの側も,あんなにストレートに「店長のことが好きです」とアプローチしていたのに,再び陸上に目が向いた途端にすっきりと割り切ることができるものでしょうか?

 まあ,爽やかな青春映画という範疇であれば,これが限界なのかもしれませんが…。漫画の原作は読んだことがないのですが,こんな感じなのかな? それとももうちょっと突っ込んでいるのかな? 気になるところではあります。

 

 なぜそう感じるかというと,小松さんだったら,もう少し恋愛の部分を掘り下げた演技にも対応できたのではないか,という思いがあるからです。

 また,大泉さんの演技も,期待していたよりも不自然さが目立ち,ちょっと残念。もう少し自然に,あきらからのアプローチに戸惑ったり,あきらへの思いに揺れたり,作家としての未練と格闘したり…という部分を繊細に演じ切ってもらいたいところでした。

 

しかし…,ハートフルな映画です

 しかし,全体としては良作ではないでしょうか。

 若者世代の心の揺れを描くと同時に,「大人世代も悩んでいるんだぞ」という部分を描くことに挑んでいました。

 その上で,店長近藤の級友を演じた戸次さん,あきらの母親を演じた吉田羊さんの演技が光りました。

 ベストセラー作を執筆しながらも,今後の活躍に自信をもってるわけではない作家。

 多くは語らないものの,あきらが陸上に再チャレンジすることを応援する母。

f:id:es60:20181122184652j:plainf:id:es60:20181122184700j:plain 

 

 今が旬の演者さんが多数出演しているという面でも楽しめるハートフルな映画に仕上がっています。
 皆さんも,小松さんの魅力を確かめてみてください。