カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

米国でiPhoneXS,XR購入者限定の下取り上乗せキャンペーン実施中〜それでも不人気を認めないAppleの愚かさ〜

不人気は明らかなのに…

 何でしょう…?

 ここまで正直になれないのは,お国柄なのでしょうか?
 それとも大企業としてのプライド?
 はたまた,認めてしまった際の経済への影響を鑑みてでしょうか?

 

 米国で,iPhoneXS,XR新規購入者限定で,下取り額上乗せのキャンペーンを実施中だそうです。
 それでもAppleは,iPhoneの販売不振を認めようとしません。

米Apple、iPhone XRとXSの購入者限定で旧型iPhoneの下取りを最大100ドル上乗せキャンペーン | iPod LOVE

 

「発売以来最も売れいているiPhone」とうそぶくも…

 上の記事によると,「上乗せ」の状態はこのようになっています。

f:id:es60:20181202134737j:plain

 

 まあ,額としては相当微妙なものですが,大切なのは「大本営Apple」が,iPhoneXS,XR販売に向けて手を打っているということです。

 これまで,売上げが好調なデバイスに,Appleがこのような具体的な手を打ったことがありましたか?
 答えはもちろん「NO」です。

 

 iPhone発売直後に,このようななりふり構わないキャンペーンを張っていること自体,iPhoneXS,XRが売れていないという証明になり得るでしょう。

 Appleが悲鳴を上げているのです。

 

 しかし,Appleの強気の姿勢を示す以下のような記事も見つけました。


 強がっているのです。
 内容を見ると,Apple幹部が,
「iPhone XRが発売以来、最も売れているiPhoneだと強調した」
とのこと。

 いや,それはiPhoneXS系に比べたら,XRの方が売れているでしょうよ。

 問題は,その売上台数でしょ?

 売れてないんでしょ?
 これまでのiPhoneと比べると!

 企業からの発信がむなしく響くようでは,
「末期症状か?」
とも感じてしまいます。

 

さて,これからどうする? それが問題だ!

 先の「docomo値引き問題」の際にも書きましたが,発売早々,いきなりの値引きを行ったのでは,Appleの信頼が地に落ちてしまいます。
 実際,今回のdocomoの値引きには,「月々割も消滅する」というカラクリがあることがわかり,ある意味ほっとしました。 

 

 しかし,問題はこれからです。

 上記記事内にも書きましたが,このままでは不人気iPhoneが不人気のまま放置です。

 さすがに近い将来,ほとぼりが冷めた頃合いを見つけて,「値引き」をしてくるのではないでしょうか?
 恐らくiPhoneXRだけ

 これが,本丸のiPhoneXS系にまで及ぶようであれば「いよいよ…」ということになるかもしれません。

 

 また,より重要なのが,来年の新型iPhoneの価格設定です。

 同じ轍を踏まないように,今から十分に,ごくごく一般のユーザーの気持ちをリサーチしていただきたい。
 あくまでも,「強気,企業イメージ,利益」と「実際のユーザーの意識」とが,乖離しすぎないことが大切です。

 さすがに今年の現状を目の当たりにして,Appleも学んでくれたのでは…と願いたいのですが…。