カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iOSベンチマーク比較! 新型iPadProがダントツ過ぎる件 2倍のスコア向上って…

まあ,予想どおりの結果です

 「驚愕のスペック」で登場し,チップ性能だけでいえばMacを超えたとも言える新型iPadPro。

f:id:es60:20181101202447j:plain

 

 あまりにパワーアップしすぎた(?)せいで,私なんかはかえって,
「これは自分には手に負えない…」
と観念したことは,以前お伝えしました。 

 

 当初からその性能の「ダントツぶり」が,ベンチマート等でも話題になっていましたが,この度,近年のiOS機器間における比較データが掲載されています。

 まあ,予想どおりなんですけどね!

 

「性能アップ比率」ぶりが半端ない!

 2018年は,Appleのデバイスが,大幅に性能向上した年でした。

 その象徴の一つがMacBookPro。
 特に13インチモデルに関しては,QuadCoreのCPUを搭載したことで,これまでのないほどの大きな性能アップを果たしました。
 70%の性能向上って!

f:id:es60:20181207202908j:plain

 

 しかし,驚きはMacだけではありませんでした。 
 新型iPadProの性能アップぶりもものすごい!

f:id:es60:20181207203020j:plain

 

 なんと,iPadPro10.5インチと比べて,測ったかのように「2倍」のスコア向上です!

 2倍って…?
 もう,「やり過ぎでしょ!」っていう感じですよね。

 2019年の発表が予定されているフルバージョンのPhotoshop利用を考えると,これ程のアップが必要だということなのかもしれませんが,数字だけ見ると驚きです。

 

 ただ,実際の使い勝手を考えたときに,
「新旧の違いが殆ど分からない」
というYouTube上での報告も数多くあることから,その「絶対的」な性能が生かされるのは,もしかするとごく限られた分野にとどまるのかもしれません。 

 

「Snapdragon8150」の存在が気になる

 今後気になるのは,ライバルチップの「Snapdragon8150」の存在でしょうか?

「A12Bionicを凌駕する」
という情報が出ているこのチップ。 

 

 新型iPadProが搭載する「A12X」のあまりの好スコアから考えると,Snapdragon8150がA12Xを超えるのは全く無理でしょう。

f:id:es60:20181207204751j:plain

 

 しかし,問題は,これまでまったくAチップに歯が立たなかったAndroid勢のチップが,いきなりA12に襲いかかってきたことです。

 これらに関してはまだ具体的なベンチマーク値が出ていないので,その真偽自体が闇の中ですが,もしこれが本当なら,新型iPadProもこれまでのように安穏としていられないのかもしれませんね。

 でも,本当のSnapdragon8150って,A12Bionicを超えてくるのでしょうか?
 そんなに一気に技術って進むものなんですかねえ?