カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

UQ mobileのiPhone7販売開始〜その巧妙な罠は,ちょっとドン引きするくらい〜

UQ mobile,iPhone7の販売開始

 UQ mobileやY!mobileが,iPhone7の販売を開始しました。

 これまではiPhoneSEで低価格機種展開してきましたが,販売停止で鞍替えしたというところでしょうか?

 iPhone7といえば,その性能からすると十分バリバリと使えるはずですので,喜ばしいと思ってはみたものの…。
 思わぬ大きな罠を発見しました。
 十分な注意が必要です!

 

問題はiPhone7の本体価格

 問題はiPhone7の本体価格設定です。

f:id:es60:20181215174638j:plain

 

 ご覧のように,32GBモデルで税込み「67,932円」

 しかし,AppleのSIMフリー版の価格を見ると…。

f:id:es60:20181215174920j:plain

 なんと,税込み「54,842円」
 ???
 何ですか,これ。
 本家よりも本体価格を高く設定して,帳尻を合わせてるだけですやん!

 いや〜,いけません。
 これはいけません。
 なんと腹黒いやり方でしょう。

 こんなことをするくらいであれば,本体価格をAppleと同等にして,割引額を抑えた「正直価格」で出した方が,まだ印象がよかったのではないでしょうか?

 

実質価格もそれほどの旨みは無し 

 実際にどのくらいの費用がかかるかを計算してみましたが,それほど大きな差にもなりませんでしたよ。

 UQ mobileのプランでは,「プランS」では割引が減額されていたり,13ヶ月目以降は基本料金が1000円増額されたり,「データ増量プラン」の無料分が24ヶ月で切れたりと,結局利用年月が多くなるごとに旨みが減少していくシステム。

 もちろんauなど大手も「〇〇キャンペーン」等あるのですが,auで考えると「スマホ応援割」の12ヶ月1000円引きの部分だけ。

 

 UQ mobileの「プランL」の13ヶ月目以降の料金は「7,862円/月」ほどになると思われます。

 AppleのSIMフリー版を購入してUQ mobileのSIMを挿すとなると,SIMフリー版が「2,286円/月」ということになりますので,差額「882円」お得になるということでしょうか? 実に微妙。

  auの20GBフラットプランは,25ヶ月目以降「7,680円/月」程度だと思われますので,んっ? 逆転しませんか?

 

 確かに「プランM」では若干の旨みがあるかもしれませんが,大容量プランでは怪しいことになりそうです。
 もちろんauでは,「アップデートプログラムの加入」「auスマートバリューの有無」など,多様な要素がからんでくるわけですので,個々の状況によって変化することと思われます。

 

 しかし…。
 サブキャリアだからといって,その「安さ」ばかりに目が行くと,後で後悔することになるかもしれません。
 しっかりと吟味した上での契約は必須ですね。

 それにしても,今回の「価格上乗せ」。
 イメージが本当に悪いです…。