カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

2019iPhoneは,「タッチ一体型フレキシブル有機EL(OLED)ディスプレイ」を採用?〜より薄く,より軽く→そこじゃない気もしますが…〜

ディスプレイの方向性

 昨今のスマホは,「カメラ性能」がその機体の評価につながることが多くなってきました。

 また,「有機EL化」が一息ついた感のあるディスプレイに関しては,「折りたたみ」というトレンドを,各メーカーがどのように解釈するのかという点が,今後の販売に大きく影響してきそうです。
 しばらくの間はニッチな分野で推移するのでしょうが,これが一気に広がっていくのか,はたまた広く一般には受け入れられずに終わるのか…。

 はたまた,「指紋認証システム」をディスプレイ内蔵式にするのか…。Appleにしてみれば,いったんはFace IDに舵を切ったわけですが,先日は「TouchID内蔵ディスプレー」の噂が再燃してきているという記事も紹介しました。 

 

 このように,「ディスプレイ」の今後についてはディスプレイ性能そのものというよりも,「他の機能との連動」という見方・考え方がされることが多い昨今,Appleが新しいタイプのOLEDを採用するという記事が出ています。
 今,そこなのでしょうか?

 

「より薄く」「より軽く」…ちょっとズレてるかな?

 なんでも,新たに採用しようといているのは,「Y-OCTA」と呼ばれるSamsung製のタッチ一体型フレキシブルOLEDなのだそうです。
 「Touch機能」をディスプレイに内蔵する方式を採用しているようで,より薄く,より軽く仕上げることができるとのこと。

 GalaxyS9系にはすでに搭載されているようですが,Samsungしか生産できないということで,Appleは「Samsung頼み」からなかなか脱却できそうもありません。

 

 さらに,「Samsung一択」という状況を回避するために,LGにも有機ELディスプレイの生産を発注するという動きがあるようですが,こちらの動きとは相反するもので,どうもAppleのディスプレイに関する考え方が揺れているようにも感じます。
  また,記事には,
「生産数にも限りがあることから,搭載するのは1モデルに限られる。」
という気になる記述もあります。

 ???
 現行ラインナップの上にさらなるフラッグシップを設けようとしているのか?
 それとも現行iPhoneXS系に搭載しようとしているのか?

f:id:es60:20181215124611j:plain

 

 いずれにしても,もう「薄く」「軽く」に重きを置かなくてもいいのではないでしょうか?
 特に「薄く」に関しては,薄すぎるとその堅牢性にも問題が生じますし,「にぎりやすさ」という点においても考え物です。
 この点は「そこそこ」で構いませんので,Appleにはもっと足場を固めていただきたい!

 

来年度のラインナップが超絶気になる!

 ディスプレイ構成を考える上でも,2019年度のiPhoneラインナップが気になって仕方ありません。

 フラッグシップモデルは,どの程度の改訂がなされるのか。

 iPhoneXRの行方は?

 iPhoneSE2のようなコンパクトモデルの復活はあるのか?

 液晶と有機ELの使い分けは?

 TouchID内蔵ディスプレー搭載は噂どおり2020年なのか?   等々。

f:id:es60:20181215124719j:plain

 

 何故か現段階では,期待よりも不安の方が先立っています。

 皆さんはいかがでしょうか?