カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「iPadPro+GoodNotes4」で広がる「手書き(手描き)デジタル」の世界〜「iPhone+ApplePencilMini」という構図に期待!〜

今更のiPadPro10.5インチで模索中

 様々な観点を熟考して,「あえてiPadPro10.5インチを購入した」経緯については,これまでお伝えしてきました。 

 未だに新規の取り組みができているわけではないのですが,様々な動画やサイトを見て,情報収集中の身です。

 

 そんな中,iPad+ApplePencilで,
「サードパーティーのPDFファイルを活用して,手書き(手描き)スケジュール帳として活用する」
という内容に興味をそそられました。

 デジタルデバイスと紙ベース,そのどちらをメインとしてスケジュール管理をするのか,という点は,常について回る課題なのですが,この点について一石を投じる可能性を感じたわけです。

 もちろん,
「そんなのもうとっくに知ってるよ。」
という方々も多いとは思いますが,ことApplePencilに関しては,現在の段階において「メジャー」というほどの地位は築いていないのが実態です。

 

 私のように,これまでApplePencilにさほど必要性を感じなかった層に,
「お絵かき以外にも可能性の広がる活用法がある!」
ということをお伝えしたく,あえて書かせていただくことにしました。

 

きっかけはYouTubeの「ぱるちゃんねる」

 きっかけは,以前にもApplePencilの書き味検証でご紹介させていただいた,YouTubeの「ぱるちゃんねる」さんの動画です。

  この中で紹介されているのが,「GoodNotes4」というアプリ。有名な手書き入力ノートアプリということは,以前から知っていました。

f:id:es60:20181214211102j:plain



 しかし,こんな活用法もあるのか…と,この動画を観て目から鱗…でした。


iPadでスケジュール帳!アプリで手帳もペーパーレス化♪【GoodNotes4】

 

 なんでも,現在,様々なところからスケジュール用の「無料PDFファイル」をダウンロードして活用できるようになっているとのことなのですが,この動画では,特にSONYの「2019年手帳総合版」がダントツに使いやすいということで紹介されています。

f:id:es60:20181214195055j:plain

 

 詳しい導入法などは,動画やこちらのサイトにお任せいたします。

 

 それでですね,この方式の何が素晴らしいかというと,次の2点です

 

①GoodNotes4のよさをそのまま生かした「手書き(手描き)スケジュール帳」になる

 つまり,PDFファイルを読み込んでも,GoodNotes4のよさである,「手書(描)き」「簡単図形描写」「イメージ挿入」「自由自在のパーツ移動」等の機能は,全くそのまま使うことができるのです。

f:id:es60:20181214204239j:plain

 

 これだけでも従来の手帳以上の「手書(描)き」性能を得ることになりますね。
 何度でも消したり,色等を変更したり,イメージを貼り付けたり,移動させたりと,「デジタルならでは」の機能を手書(描)きで活用する事ができるわけですので。

 

②「月」「週」「日」のページが相互にリンク

 「手書(描)きにプラスして…」
という観点で考えたときに大きな武器になりそうなのが,「月」「週」「日」のページに,それぞれに行き来できるリンクが張られているということです。

f:id:es60:20181214204840p:plain

 

 つまり,「統合版」のデータを使うことで,一度に三つのページを活用できるとともに,自由にそれらを行き来できるということです。

 しかし…。
 残念なのは,どうやらそれぞれにかかれたデータは,「月」「週」「日」それぞれのページ内での「単独のデータ」としてしか認識されておらず
「月間カレンダーに記入したデータを,1日表示の画面で確認することはできない」
ということです。

 これが可能であれば,正に自由自在なのですが,実際の活用としては,
・「月」に大まかな行事名等
・「週」に場所や連絡先などの二次的な情報
・「日」に詳細な情報やメモ等
を記入するというように,階層をつけた利用を余儀なくされるようです。

 

 不都合や面もあるでしょうが,使い方によっては,むしろこちらの方が好都合問う場合もあるかと思われます。
 考え方,活用法次第…というところに,むしろ可能性を感じる部分でもあります。

 

iPhoneでもできれば,一気に浸透?

 これ,iPhoneでも同様のことができれば大化けする活用法だと考えます。やはりスケジール管理は「手元」でできることに大きな意義があると考えますので。

 もちろんGoodNotes4は,iPhoneでも使えるわけですが,いかんせん,iPhoneではApplePencilが使えません。

 

 つまり,現在のGalaxyNoteのような,
「iPhone+ApplePencilMini(仮称)」
という組み合わせが必要になるわけです。
 もちろん,現状のApplePencilよりも短くて日常使いに都合のいい「Mini版」でお願いしたい!

f:id:es60:20181214211219j:plain

 

 大画面のiPadで手書き編集したスケジュールを,出先のiPhoneで修正しながら活用する…。
 なかなか実用的なのではないでしょうか?