カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

トリプルレンズiPhoneのデザインが斬新すぎる!〜もはやセンスのかけらも無いような気が…〜

2019iPhoneXSは,やはりトリプルレンズ?

 新年を迎え,2019iPhoneの噂が賑やかです。
 ここに来て,新たなリーク画像が登場し,そのデザインの「斬新さ?」に私も結構動揺しているところです。

 その画像がこちら。本当でしょうか?

f:id:es60:20190107182351j:plain

 

疑問あり! このままでは登場しないと予想 

 まず考えることは,
「やはりトリプルレンズは搭載してくるだろう。」
ということ。

 現在のスマホ技術の中で,数少ない「売り」にできるポイントがカメラ分野です。
 iPhoneXSにおいては,NEURALEngineの飛躍的向上によって,ポートレートモードの画質向上や,被写体深度の事後変更など,大きな進化を遂げました。

 しかし,
「距離的な制限があり,マクロ的な活用ができない」
という致命的な部分も有しており,Pixel3やHuawei Pro20の後塵を拝している部分でもありました。
 この「距離的な制限」を解消するためには,特に「近距離」を認識するための新たなレンズか必要なわけで,この「トリプルレンズ化」は必然といえるわけです。 

 

 しかし…です。
 今回の「トリプルレンズ」には疑問も残ります。

 まずはこれまでに噂になっていた「涙目三連」レンズ。

f:id:es60:20190107183451j:plain

 

 現状のダブルレンズの下側に新レンズを配置し,一見破綻がないように感じます。
 しかし,今回のレンズ。その配置がまずもって問題。

f:id:es60:20190107183553j:plain

 

 左側に二つ,そして右側に一つという配置。
 また,左右のレンズの「高さ」にも違いがあります。

 つまり,「縦」「横」両方で,「二つのレンズがズレている」のです。ここに違和感を感じるんですよねえ〜。
 撮影する際,その距離を図りながらぼかすという「ポートレート」の考え方からすると,レンズが「縦」「横」水平に揃っている方が都合がいいのではないかと考えるのですが…。

 それとも,「二つのレンズを使って距離感を計測する」という考えが全く必要なくなり,それぞれのレンズが「標準」「望遠」「マクロ」という全く独立した働きをすることで,「マクロ」や「ポートレート」に対応できるということなのでしょうか?

 一気にそこまで技術革新できるのかなあ?

 

 そしてもうひとつの大きな疑問。疑問というか不安?
 このスクエア型のカメラ部,画像を見ると,これまでのカメラ部同様に「せり出して」いますよね?

 現状のiPhoneXSでも,この「カメラ部の出っ張り」は相当気になるわけでして,私は純正のレザーケースを装着していますが,ケース無しでは気軽に机に置くこともはばかられます。
 だって水平に置けないんですもの。

 今まで以上の,考えようによっては「異様な」ほどの出っ張りを,わざわざつくりますかね?
 もはや「デザインの崩壊」なのでは?

 

「涙目」に1票!

 以上の理由により,私は今回のリーク画像の2019iPhoneは登場しないと考えます。いくら何でもこんなデザインでは,Appleの信頼が損なわれると感じます。
 また,「カメラ」の特性を考えても,無理がありそうですので。

 「レンズ配置」については,今後研究する時間的余裕がまだありそうですので,その中で出てきた「一つの案」であると捉えておいた方が良さそうです。

 そして,個人的には「涙目」の方がまだデザイン的に我慢できるかな…。

 

 さてさて,果たしてどうなることやら。
 しかし,「3眼」によって,「マクロ」に関する向上が見られることは確実だと思われますので,「カメラ性能」でユーザーを驚かせるくらいの変革をもたらしてくれることを希望します