カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

MacBookに「ガラスキーボード」?〜Appleの新特許はバタフライ式の「ゴミ問題」を解決するか?〜

「バタフライ式」の欠点に対するApple流の答え?

 現在MacBook系に採用されているバタフライ式キーボードに関しては,賛否両論ありますね。
 私はiMacの他にMacBook Pro(Late2016)を使用していますが,このバタフライ式キーボードの打鍵感は非常に評価しています。
 あっ,初代現行MacBookに採用されていた第一世代のものはダメです。ぺちゃぺちゃしているだけでしっとり感がありません。しかし,第二世代は指に吸い付くような「しっとり感」が強く,個人的には第三世代の少々カサカサしたような打鍵感より断然好みです。

f:id:es60:20190207202623j:plain

 もちろんiMacに付属するMagicKeyboardは,このバタフライ式キーボードの足下にも及ばないと考えています。
 少々お高くても,バタフライ式のキーボードを単独で発売してほしいと願うくらい…。

 しかし,このMacBookのバタフライ式に関しては,ゴミや埃が入り込みやすいという致命的な欠点があり,第三世代では「シリコンの膜」が取り付けられるなど,Appleでも相当気にしている様子です。

 この度,その根本的な解決を目指し,Appleが,隙間のない「ガラスキーボード」を考案したという記事が来ています。

 

凹凸のあるガラス製キーボード…たわむのか?

 記事によると,Appleが特許申請したこのガラス製キーボードは,「Computer with keyboard」と呼ばれるもののようです。

 キーボード部前面を薄いガラス製のカバーのようなもので覆っているようですね。

f:id:es60:20190207194540j:plain

 ガラス素材でありながら,キーごとに凹凸があり,当然押すことができるようになっているのが分かります。
 これ,割れたりする心配はないんですかね?
 図を見ると,指で押されたキーの部分が「たわんで」いるのが分かります。ガチガチのガラスというわけではなく,何らかの形で加工された「ガラス素材」ということなのでしょうか?

 また,触覚フィードバックがあるということですので,恐らく打鍵感としては,キーボードをポチポチと「押している感覚」を再現しているのでしょう。

 おもしろいのが,キー表面の表示を自由に換えられそうだということ。
 つまり,これまでのように各国ごとの文字をキーに印字する必要が無くなるというわけです。Appleからすると,面倒が減るということにも繋がるでしょう。コスト的にはお高くなりそうですが…。

 

ソリッド化はパソコンの未来図か?

 パソコンの未来を語るとき,その筐体やキーボード等の部品が「平面化」「ソリッド化」しているものを想像する場合が多いですよね。

 プロジェクターのような機能で机の上にキーボードを映し出したりとか,キーボードがタブレットのように平面上になっていたりとか…。

f:id:es60:20190207202904j:plain

 今回のAppleのガラスキーボードは,「埃混入」という観点意外に,「薄さ」「キーの故障軽減」「多用途な使い方(表示面において)」等の新たな新風を吹き込みそうではあります。

 しかし,「キーボード」ということを考えれば,まず第一に「打ちやすさ」が考慮されるべき。やはり薄すぎたり,打鍵感の悪いキーボードは,いくら先進的であっても使う気にならないのは私だけではないでしょう。
 あくまでも「人に寄り添ったデバイス開発をしてもらいたい」と強く願いますし,これまでTrackpad等の使い勝手のいいデバイスを考案してきたAppleだったなら,それを実現してくれると信じています。