カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iOS13で「ダークモード」は標準搭載となるのか?〜Androidとのダークモード戦争勃発〜

要求が急速に強まるiPhone,Macでの「ダークモード」

 本サイトでは,眼に優しい「ダークモード」の必要性をこれまでも記事にしてきました。 

 現在のAppleデバイスでは,MacOS Mojaveにおいて「一部の純正アプリ+対応サードパーティーアプリ」,iOSにおいては「対応サードパーティーアプリ」のみで,ダークモードを活用することができます。

 しかし,MacOS Mojaveにおけるダークモードでは,最も対応して欲しい肝心のSafariの出来がダメダメで,各サイトごとのダークモード対応に甘んじている状態。
 ですから私としては,上記の記事のように,外部アプリや拡張機能を利用して「強制ダークモード化」して利用している次第です。

 無理矢理ダークモード化しているのですから,当然妥協しなくてはならない部分も多いわけで,是非ともMacOS自体で,Safariの完全ダークモード化を図ってもらいたいということを書かせていただきました。

 そんな中,2019iPhoneの筐体とiOS13のダークモードを組み合わせたイメージ画像が公開されました。これ,是非とも実現していただきたい。ポイントはやはりSafariでしょう。

 

「Android+Chrome」による「完全ダークモードWEB閲覧」に対抗できるか?

 掲載されている画像がこちら。

f:id:es60:20190209132611j:plain

f:id:es60:20190209132620j:plain

 まあ,はっきりいって,こんな画像はどうでもいいです。
 問題は,Android勢の攻勢に追いつくことができるか…という点です。

 次期AndroidOSの「Q」では,すべてのアプリにダークモードを要求するという情報もあり,急速にシステム全体としての「ダークモード化」を進めつつあります。
 また,先日は「Chrome」も,MacOSとWindows10双方でダークモード化させる準備があることを発表しました。

 ということは,今年中に,「Android勢+Chrome」というライバルが,全面ダークモード化する公算が強くなったわけです。

 さて,iOS13およびMacOS Mojaveのダークモードは,このライバルに対抗できるほどダークモード化を図ることができるのでしょうか?

 

アプリ単独対応から,OS完全対応の時代へ

 ポイントは,ダークモードに対して,これまでの「アプリ単独対応」から「OS完全対応」へと舵を切れるか,ということに尽きると考えます。
 そしてその中心はWEB閲覧アプリです。
 SafariとChrome
 個人的には純正のSafariを活用していきたいと考えますが,もしChromeがSafariよりも優れたダークモードを搭載してきたら,iOSにおいてもMacOSにおいても,乗り換えを考えるかもしれません。

 Appleには,是非とも本腰を入れてダークモード対策を練っていただきたい!