カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

2019iPhone,「価格据え置き」の情報!〜最近のAppleからすると,価格下げは…しないのかな?〜

2019iPhone最大の関心事は「価格」

 2018年のiPhoneは,歴史に残る1台になるはずです。
 それまで順調に販売を伸ばしてきたiPhoneの黒歴史として…。

 確かに,全世界的に「スマートホン景気」が落ち着き,これ以上の爆発的な販売増加は見込めなくなった時期と重なったこともあるでしょう。
 しかし,不人気の主たる原因が,その「価格」にあったことは明かでしょう。いくら何でも10万円を軽く超えるほどのデバイスが,おいそれと売れ続けるとは考えられません。しかも,「廉価版」さえもフラッグシップ級の価格設定という大きなミステイクも続き,Appleにとっては正に「泣きっ面に蜂」という様相を呈していました。

f:id:es60:20190210133651j:plain

 当然,
「2019iPhoneの価格設定は?」
ということに注目が集まるわけですが,このことに関して気になる記事が来ていました。

 

嫌な予感がします…

 まずもって,記事によると,今回の情報源はこれまでの実績のないところのようで,「話半分で」聞くようにという珍しい注釈もついています。

 デバイスの情報としては,ノッチあり,USB-C搭載,XRに新色採用,XRカメラの2眼化,Maxカメラの3眼化等,これまでに本サイトでも取り上げたような,どうにもおもしろくない内容の羅列に過ぎません。

 しかし,「価格」に関して具体的に言及されたのは初めてなのではないでしょうか?
 記事によると,なんと「据え置き」とのこと…。
 Appleは2018から何も学んでいないのか…とも思える情報です。

 しかし…です。
 最近になって私自身も,
「もしかするとAppleは価格据え置きで来るかも…」
と考えるようになってきました。

 iPhoneXからの価格据え置き。
 iPhoneXRの高価格設定。
 MacBookAirの高価格設定。

f:id:es60:20190126115834j:plain

 最近のAppleの価格設定に関しては,「下げ」の要素が何一つ見つからないからです。
 Airにしたって,当初は「10万円を切る」という触れ込みだったため,大いに期待したものです。しかし,
「本当に可能か?」
と懐疑的だったのも事実。過去記事を見ていただければ,私個人も相当揺れていたことがおわかりいただけるかと思います。

 そう。
 現在のAppleの体質として,
「ある程度の性能と品質をキープするのであれば,そう易々と価格は下げられない」
という状態に陥っているのではないかと考えます。
 それだけ巨大な企業になってしまったということでもあり,易々とは下げられない「企業イメージ」で売っている会社でもあり…。

 何か嫌な予感しかしなくなっています。最近…。

 

シェア大幅下げの契機となるかも…

 Appleが,これまでどおりの考え方を踏襲するのであれば,2019年はこれまでにないくらいの「シェア下げ」が現実味を帯びてくると考えます。

 それくらい中華勢の勢いは増していますし,技術的にも現状は中華勢から提案される時代になってきました。

f:id:es60:20190113112130p:plain
 いくらHUAWEIを攻撃しても,世界的に見ればその勢いを止めることはできないでしょう。ましてや,その後ろにはOPPOやXiaomi等の新興メーカーがひしめいている状態です。

 iPhoneの価格が下がらなかった場合,恐らく中華勢がAppleを飲み込んでいく契機を与えてしまうことでしょう。
 しかし,Appleは価格下げには出てこないような気がします。「高級機路線」のような独自路線を進みそうで,その点が「嫌な予感」に繋がっているわけです。

 2019iPhone,歴史的に見ても,Appleの判断が注目されることになりそう。「あの時〜していれば…」ということにならないよう,できれば「価格下げ」を行ってくれることを願うばかりです。