カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

Appleの中国への忖度ぶりが鼻につく!〜更なる価格下げに明確戦略はあるのか?〜

iPhone,中国で更なる価格下げの情報

 全世界的なiPhone不振,特に中国での不振ぶりが大きいことは以前からお伝えしています。
 また,先日中国国内でiPhoneの価格下げを行ったところ,急激にその売上げが回復したということもお伝えしました。 

 その「下げ幅」は「6,300円〜7,100円」ほどと,それほど大きくはなかったわけですが,その爆発的な販売増と,「iPhone不買」まで唱えていた中国人の態度の豹変ぶりに驚きました。

f:id:es60:20181223121226j:plain
 さて,そんな中国での急展開に味を占めたのかは分かりませんが,Appleが中国国内において,iPhoneの更なる値下げを考えているという記事が来ています。

 

中国の「特別扱い」は許されない

 前回の値引きは,「為替の変動を鑑みた」地域格差の是正という位置づけで,中国以外にも値引きが行われた国が存在しました。しかしまあ,「中国ねらい」であったことは明白ですが…。

  今回の記事で気になることが2点あります。

①「中国限定」の値引きか?

 まず,今回の値引きが「中国限定」か否かという点です。
 前回は「為替変動」を大義名分として,中国以外の国も加わった値引きとなりましたが,今回はどうでしょう。
 今回の記事では「中国での…」となっている点が気にかかります。

f:id:es60:20190216103925j:plain

 もし「中国限定」での値引きということになれば,世界的な不満が高まるであろうことは容易に想像できます。ただでさえ高額だと感じている新型iPhoneを購入したユーザーにとって,一部のユーザーだけがApple公認で優遇されることは看過できないでしょう。
 また,それ以上に,価格的にも「世界共通で独自の道を行っていた」Appleが,露骨な忖度ぶりを見せるようであれば,Appleブランドに傷がつくことになると感じます。

 

②値引きの「理由」をどこに求めるのか?

 こちらも,Appleの信頼性に関する問題。
 今回も「為替」を持ち出すのでしょうか?
 日本であれば,もちろん1ドル80円台の円高の時代には相対的に現在よりも安価にAppleデバイス,アプリ等を購入できていました。
 しかしその後円安になり,1ドル110円〜という展開になるや,日本でのAppleデバイス価格は一気に数万円値上がりしたことを記憶しています。
 変動為替ということはつまりそういうことであり,Appleはこれまで,この点に関して独自に「手当」することはありませんでした。つまり,
「為替に応じて自分たちの利益はいただきます。買えないのだったら買っていただかなくて結構」
というスタンスだったはず。

f:id:es60:20190216104040p:plain

 今回,中国を優遇する値引きを行うのであれば,円安になっている日本でも,同様に価格を下げていただきたい!
 中国のみを特別視するようなやり方は,認められるはずがありません。

 

全世界的な「価格下げ」が一番

 私は,Appleが,今回の業績不振が「価格設定のミス」であることを率直に認め,全世界的に「100ドル値下げ」を行うことが最善策だと考えます。本当はiPhoneXS発表時に提示すべきだった条件です。

 しかし,これからでも遅くはありません。
 地域限定で値引きを行ったり,各種キャンペーンを乱発したりして不公平感を高めるよりであれば,Appleらしく,「公平に」「正々堂々と」値引きすればいいのです。
 もし値引きを行っても,決して「ブランド力低下」には繋がらないでしょう。むしろ,このような企業姿勢は,評価を高める結果になるのではないでしょうか?

 また,業績的に見ても,悪くはないのでは…? 
 高価格で売れない現状と,価格を下げて販売台数を増やす未来…。
 私,経営等の知識は全くありませんが,Appleにすると,どちらが好ましいのでしょうか? 少なくとも,現状,販売不振を「価格下げ」で乗り切ろうとしているAppleの姿勢を考えると,「販売台数を増やすこと」に重きを置いているように感じられます。
 だとすれば。
 答えは明白でしょう。
 ユーザーも,もう少しお安いiPhoneを希望している。
 Appleも,販売台数を稼ぎたい。
 じゃあ,安くすればいいのでは?

 一筋縄ではいかない事情がもちろんあるのでしょうが,考え方は結構シンプルなのでは…と,素人ながらに考えたりします…。