カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

JDIの「有機ELディスプレイ量産」は間に合うのか?〜iPhoneXRの不振がもたらすタイムリミット〜

JDIの生き残りはなるか?

 JDI(ジャパンディスプレイ)が不振にあえいでいます。
 確かな技術力をもとに,自慢のベゼルレス液晶「FullActive」を発表したのは,2017年でした。

 スマホ液晶,および当時出始めの有機ELでは,完全に韓国勢に後れをとっていた日本メーカーですが,「何とか巻き返しを」と意気込んで「日の丸液晶」を投入した瞬間でした。

f:id:es60:20190216122952j:plain

 しかし,完全に時流の流れをつかみきれなかったことに加え,今回のiPhoneXRの販売不振が重なり,JDIは今や青息吐息の状態のようです。
 しかし,そのJDIが,有機EL量産技術を「ほぼ」確立したという非常に微妙なニュースが来ています。

 

有機ELが軌道に乗らなかったら…

 まずはJDIの経営状況から。
 ただでさえ経営再建中で,台中,日本,米国間での綱引きの間で苦しんでいるJDIですが,この度のiPhoneXRの販売不振で液晶の販売が落ち込み,収支的にも2年連続での赤字を計上しています。

f:id:es60:20190216120830j:plain

f:id:es60:20190216120839j:plain

 記事によると,どうやらその経営状態は相当深刻で,早急に結果を残さなければ先が見通せないほどになっているようですね。

 そこにこの度の「有機EL」量産技術の確立です。
 JDIとすれば,Samsung,LGという韓国勢に対抗すべく,量産に向け急いできたということなのでしょうが,まずもって,太刀打ちできるだけの勢いがあるようには思えないのですが…。
 iPhoneにしても韓国勢の独占状態が続いていますし,この勢力図の中,もし本当に量産にこぎ着けたとしても,これまでの企業間連携にくさびを打つほどの「戦闘値」があるようには見えません。
 また,量産技術が「ほぼ」完成,などという曖昧な言葉を使用している時点で,誰がJDIという企業の技術を採用するものでしょう?
 更に言えば,どのメーカーにしても,安価信頼の置けるディスプレイを,安定して,しかも大量に必要としているわけで,JDIの有機ELに関してはこれらの実績がゼロなわけでして…。

 私が企業の担当者だったら,JDIは避けようと判断するでしょう。
 しかし,JDI側からすると,今この状況を踏ん張らなければ,この先の運命が想像できるような,瀬戸際まで来ているはず。

 タイムリミットが近づいているように感じます。

 

シャープ,JDIの有機EL技術は生き残れるか?

 現在,スマホ用有機ELディスプレイの生産技術を有しているのは,シャープとJDIだけということでいいんでしょうかね?

f:id:es60:20190216123147j:plain

 シャープにしても,自社製スマホの一部に採用しているだけで,今後グローバルに展開する見通しが立っているとは言いがたい状況です。
 ましてや今回のJDIは,未だに搭載デバイスさえ決定していない状態だと考えられます。

 iPhoneは,2020年から,液晶モデルを全廃し,すべての機種に有機ELを搭載するようです。
 この時点でJDIがAppleからの受注を獲得できるかどうかが,すべての鍵を握ることになりそうですね。
 Appleからしても,現在のSamsungへの一極集中から,LG製ディスプレイを一定の割合で採用する道を選択しようとしているようです。この中に,JDIが割って入ることができれば…。

 さあ,間に合うか?
 ここからの1年で決着が付きそうな予感がします。