カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

Apple,「Forbbes」より痛烈な一撃を与えられる〜あまりにも恣意的な批判だとは思いますが,全面的には反論できない…〜

今更? Forbesの批判に感じる違和感

 以前は技術の最先端を行くとともに,iPhone,iPadのような新分野の提案を行うことで世を席巻してきたApple。

 しかし,徐々にその新鮮味が失われ,新技術の開発の面では,HUAWEI等の中華系に先行を許している感があります。
 その件に関しては本ブログでも再三お伝えしてきました。

 そしてこの度,「Forbes」が新型iPhoneの「トリプルレンズ」に関する話題を取り上げ,恐ろしくシニカルで否定的に論調の記事を発表しました。日本でもヤフーニュースが取り上げたことで話題になっているようです。

f:id:es60:20190217104253j:plain

 私からすると,
「みんな知っていることを何で今更?」
「それだけでiPhoneが劣っていることにはならないのに,この否定的な論調は何?」
と,これまでにない違和感を感じざるを得ませんでしたので,記事にさせていただきます。

 

「18ヶ月遅れ」は確かに大きいが,「絶対」ではない

 そもそもの話題の源は,2019iPhoneMaxのカメラレンズが3眼になるという情報です。これについても再三お伝えしてきました。 

 また,HUAWEIの非常に優れたカメラ性能を認め,ユーザーの意識との乖離がないようにと,Appleに改善も求めてきました。 

 HUAWEIのMate30Proは,カメラ性能以外にも,TouchID内蔵ディスプレーを搭載するなどの先進性を備えており,Android勢の雄であることは明らかです。

 また,記事は以下のような批判も…。
「アップルはまたしても,同社が「最先端」であると主張するフラッグシップ端末に,一歩遅れたテクノロジーを搭載し,びっくりするような価格で販売しようとしている。」

f:id:es60:20190217100354j:plain

 これに関しても,2018iPhoneが失敗したように,その価格が高すぎたことは誰しもが認めることですし,当のApple自身が慌てふためいていることも知っています。私もブログの中で,何度も「価格下げ」の必要性について言及させていただいております。
 しかし,この文章をそのまま全て受け入れるわけにはいきません。
 この文章,あまりにも悪意が込められていると感じるのは,私だけではないでしょう。

 

Appleの強さをキープしつつ,ユーザーとの乖離をなくすこと

 まずはカメラ性能に関して。
 現状のスマホにおいて,「カメラ性能」こそ,他のメーカーとの違いを出せるセールスポイントになっています。
 その中で,LEICAと手を組み,ダントツの映像を提供するHUAWEIは,称賛に値します。ですから,単純に「写真画質」だけをも貯めるのであれば,HUAWEI一択といっていいでしょう。そこにiPhoneの入り込む余地はありません。

 しかし,さすがにスマホを「カメラ性能だけ」で購入する人はいないでしょう。

 では,iPhone,Appleの強みとは何か?
 私が考えるのは以下の点です。

①デバイスの質感
②iOS
・旧デバイスを担保するiOSの継続性
・同様の操作性をキープしつつ,着実に進化を重ねる安心感
・進化とともに新要素が増えながらも,動作が軽くなる驚き
・シンプルな機能性・操作性(Androidのように遊んでみたいと考えた時期もあったが,結局はここに立ち帰る)
③Aチップの絶対的な性能
④Appleデバイス間の連携
⑤リセールバリューの高さ
⑥バッテリー管理の優秀さ(スリープ時に減らない安心感)
⑦全てをAppleが管理しているセーフティー感
⑧全ての要素で上位といえる総合的なトータル性能

 思いつくままに書きましたので,もちろん他にもあるでしょうが…。

f:id:es60:20190210133651j:plain

 ①の質感に関しては,ガラス筐体は扱いもシビアですし,もっとカジュアルに使えるように質感を落として,価格を下げてほしいと本来は感じているところでもあります。
 またデザインについても,そんなに「薄さ」にこだわらなくたっていいと思います。あまりに薄すぎるとかえって持ちづらい面もあります。それに,あの「出っ張りレンズ」は,デザイン的には「なし」です。「だったら厚くしろよっ!」という感じ。

 とまあ,当然完璧ではないわけです。
 所詮人がつくるものですし,長所・短所が混在していて当然です。どのポイントを重視するかによって,ユーザーが選択すればいいわけですよね。

 だとすれば,今回のForbesの記事は行き過ぎといわざるを得ません。
 もちろんAppleには,反省すべき点は反省してもらいたいという面はありますが…。

 「怒り」というよりは,あまりに幼稚で「おもしろく」なっちゃいましたので,記事にしてみました。
 皆さんはどのようにお考えでしょうか?