カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

MacBookPro2019は16インチ?〜画面サイズがMacラインナップを変えるか?〜

青天の霹靂! MacBookPro2019の「16インチ化」

 いや〜,結構驚きました。

 2019年にAppleが,16〜16.5インチの新デザインMacBookProを投入するという情報です。
 これに伴ってコンセプト画像が続々と発表されているようです。

f:id:es60:20190223091721j:plain

 この情報を聞いて,すぐさま思い浮かんだ疑問が2点あります。
 今後のMac展開を左右するこの二つの点について考えていきたいと思います。

 

①大改訂か? 16インチモデルの追加か?

 まず第一に,噂されているのが,「MacBookProの大改訂なのか?」という点です。

 皆さんご存知のとおり,現在のMacBookProは,2016年10月に大改訂されたモデルです。「目玉」として登場した「TouchBar」が酷評を受けたり(実際私も,常時ファンクションキー表示に変更しています),キーボードやGPUに不具合が生じたりと,はっきり言って特に前期は「散々な」世代となってしまった感があります。
 しかし,MacBook Pro(Late2016)13インチを現在も使用している私からすると,本格的にMacへと誘ってくれた機種ですので,感謝しかありませんが…。

 どうでしょう?
 たった3年で「フルモデルチェンジ」となるでしょうか?
 通常で考えれば,あまりにも短すぎると感じますが,もしAppleが上記のようなイメージが付いてしまった現モデルに見切りをつけたいと考えているのであれば,ないとは言えないかもしれませんね。

 しかし,ここでどうしても引っかかるのが,「MacへのAチップ搭載」に関する問題です。
 ここ最近,またこの噂が再燃しているようでして,「2020年のMacからAチップへの変更が始まるのではないか?」という具体的な記事も出てきています。しかも情報基はIntelだと言うことで…。

 だとすれば,
「MacBookProの大改訂は,Aチップ搭載に合わせた2020年と考えるのが妥当なのではないか?」
とも考えます。
 チップ大変革の前年に,わざわざモデルチェンジするでしょうか?

 私としては,もし2019年にMacBookProが大改訂されるのであれば,Aチップ搭載はほとぼりの冷めた2021年くらいになるのではないかと考えます。大改訂後1年でチップが変更になったのでは,初期ユーザーの怒りが爆発しそうです。

 逆に,Aチップを2020年に搭載可能なのであれば,MacBookProの大改訂は2020年にずれ込むのではないか。
 二つの目玉が揃っての大改訂は,相当なインパクトがありそうです。

 それとも,これらの整合性をあまり重視せず,筐体の大改訂を優先して今年のビッグチェンジを断行するつもりでしょうか?
 Appleの判断が楽しみです。

 

②ラインナップの行方

 もし本当に16インチモデルが登場するのであれば,「画面サイズ」のラインナップがどうなるのかが,非常に気になります。
 Gori.meさんも,この点について触れた記事を書かれていました。

 まずもって気になるのが,この16インチモデルが「追加」なのか「15インチモデルを置き換えるものなのか」という点です。
 上記①の問題ともからみますが,MacBookPro全体を「フルチェンジ」するのであれば当然「置き換え」となるでしょうし,フルチェンジを来年度以降に持ち越すのであれば,「追加」となるでしょう。
 でも,13インチモデルをそのまま残して15インチモデルだけチェンジ…とは考えづらいですので,変更になるのであれば13インチモデルを含めた全てが一気に置き換えられるのでしょう。

f:id:es60:20190223100307j:plain

 さて,「フルチェンジ」でMacBookPro全てが置き換えられると仮定すると…。

①昨年改訂された「MacBookAir」は当然そのまま継続。
②「Airと統合される」とも考えられたMacBookが生き延びたことから,近い将来12インチMacBookはサイズはそのままで改訂される

 ここまではいいでしょう。
 ここから,Gori.meさんは,
「現行15インチ→16インチ」「現行13インチ→14インチ」
と,筐体のサイズを殆ど変えず,ベゼルを薄型化にすることで,画面サイズアップが可能であるとしています。

 なるほど!
 これですと,16インチモデルは,「追加」ということではなく「15インチモデルの置き換え」ということになりますね。
 15インチモデルを購入する層は,ノートタイプでもバリバリと作業をこなしたいはずですので,画面サイズアップはうれしいかもしれません。

 問題は13インチモデルです。
 「筐体サイズを変えずに14インチ化」するのと,
 「筐体サイズを小さくして,画面は13インチのままとする」
というのでは,どちらがいいのでしょうかね?

 DELLなどは思いっきり「後者」側に振れています。
 私も,「13インチ」というサイズ感は絶妙だと考えておりますので,筐体サイズを小さくしてもらった方がメリットがあると考えます。 

 だとするとMacのラインナップは…。
・12インチ・・・MacBook
・13インチ・・・MacBookAir
・13インチ・・・MacBookPro
・16インチ・・・MacBookPro
となるでしょうか。

 

 さあ,本当に今年中の大改訂がなされるのか?
 私自身も,MacBook Pro(Late2016)の買い換えをそろそろ考慮に入れようかと考えていた矢先ですので,大問題です。
 簡単に現行モデルに手を出せなくなってしまいましたので…。

 様々な要素が絡み合い,楽しみになってきたMac前線です!

 あっ,iMacの行方も気になる…。