カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「大泉洋+池井戸潤」の最強タッグ誕生「TBS日曜劇場枠でラグビーチームの再生を描く「ノーサイド」→大人の事情満載が鼻につく…」

日曜劇場枠,池井戸潤,大泉洋…どれをとっても高視聴率の香り漂う

 早くも2019年7月開始ドラマの話題が入ってきました。 

 ドラマ界の鉄板枠,「TBS日曜劇場枠」の話題。
 なんと,あの大泉洋さんが,池井戸潤さんの原作で,落ちぶれたラグビーチームを立て直すゼネラルマネジャー役を演じるとのこと。

f:id:es60:20190223140124j:plain

 日曜劇場枠,池井戸潤さんの原作,大泉洋さんの主演…。
 もう,どれをとっても高視聴率の香りが漂いますよね。
 しかし,個人的には,「大人の事情」がプンプンとする雰囲気が鼻につきます。

 

池井戸さん,ただいま絶賛書き下ろし中!

 記事によると,この「ノーサイド」は,
「大泉が演じるのは大手製造メーカー中堅サラリーマンの君嶋。幹部候補だったが,上司に異を唱えたことで人生が一変。地方工場への左遷人事を受ける。そこで,同社ラグビー部のゼネラルマネジャーを兼務することに。かつての強豪も今は成績不振。ラグビーの知識も経験もない男が,チーム再建に挑む。」
という内容のようです。

 もういつもお決まりのストーリー展開が見えるわけです。
「半沢直樹」「陸王」「下町ロケット」等,いつもの成功物語です。
 役所さん,阿部さんよろしく,大泉さんも悪戦苦闘しながら,最後には大団円を迎えるはず。しかも,大泉さんの演技っぷりさえも目に浮かびませんか?
 そして,その「想像」は9割方間違いないはずです。
 水戸黄門よろしく,TBSお得意のパターン化したドラマとなることは確定的ですね。

 そしてその感覚に油を注いでいるのが,原作者池井戸潤さんの最近の執筆傾向です。
 以前のひりつくような経済小説ではなく,最近はお手盛り感満載の人情小説へとそのスタイルが変わってしまいました。
 この傾向のついては,本サイトでもか何回も警鐘を鳴らしています。 

 でも,筆力は絶対的ですので,結局は読んじゃうんですけどね…。
 そんな池井戸さん,恐らく現在絶賛原作執筆中のはず。下町ロケット同様,ドラマ直前に発売し,話題を呼ぼうとしているのが見え見えです。
 いただけませんね,この鼻につく感じ…。
 TV業界,映画業界との癒着ぶりが,池井戸さんの品位を落としているような感を受けます。

 

さらにラグビーW杯とのからみも…

 そして,もうひとつの大人の事情が…。
 今年2019年は,言わずと知れたラグビーW杯が日本で開催される年です。

f:id:es60:20190223141547p:plain

 そんな年に「ラグビー部再生の物語」って…。
 分かりやすすぎて笑っちゃうレベルですよね。

 恐らく原作もドラマもいつもどおり楽しめるのでしょうが,特に池井戸さんは,自分をすり減らしているようにも感じます。
 一度原点に立ち帰ってみてもいい時期かもしれませんよ。池井戸さん。