カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

Apple製折りたたみ式スマホもディスプレイはSamsung製になりそう…〜2年以上も先んじているSamsungの絶対技術力〜

余裕のSamsungが,折りたたみディスプレイを猛烈売り込みか?

 本ブログでも,最近は「折りたたみ式スマホ」の話題を取り上げることが多くなってきましたが,今回はその「ディスプレイの生産」に関して。

 現行iPhoneの有機ELディスプレイは,Samsungにおんぶに抱っこ状態になっていることは周知の事実です。 
 この状況は,Appleにとっても望むべきことではないはずです。
 まずはSamsungがスマホ販売においてもライバル的存在であること。「ライバル会社から製品の核ともなる部品を調達する」ということ自体,他の業界ではあまり考えられないことなのではないでしょうか?
 しかし,Samsung側にしても,お家芸である有機ELディスプレイを自社製品にだけあてがっていても利ざやは上がりません。
 そこで,自社生産が難しいAppleとSamsungとのいびつな共闘関係が成り立っているわけです。 

 Apple側としては,「Samsungによる支配」から脱することは,万が一Samsung側の生産にトラブルが発生した際に生産を確保するという意味合いにおいても,LG等の他メーカーからも調達したいのでしょうが,それができないのはやはり品質的にSamsung製のものが余程優れているということなのでしょう。

 そんな中,Samsungが折りたたみディスプレイを,Appleをはじめとする他メーカーに売り込んでいるという記事が来ています。

f:id:es60:20190225202214j:plain

 

他を圧倒するSamsungの有機EL技術

 記事を見て驚くのは,Samsungが売り込みをかけているのが,Appleの他,Google,HUAWEI,OPPOという,世界有数のスマホ製造メーカーであるということです。

 当然自社生産を含め,有機ELをできるだけ自社に近いところで生産しようとしている各社に対する売り込みですので,余程の自信と確信がなければできないことだと想像できます。

 このことを証明するかのように,記事には,
「折り曲げ可能なディスプレイ技術についてSamsungは少なくとも2年は,ほかのディスプレイ開発企業の先を行っている
と記述されています。

f:id:es60:20190303174801j:plain

 この日進月歩の業界において,「2年以上の先をいく」ということが,どれほどの差を表すものなのか,素人でも想像がつくほどの「絶対性」ですね。

 しかも…。
 技術力だけではなく,各社に売り込んだ利益を元手に生産力も上げているようで,
「Samsung Displayの折り曲げ可能ディスプレイの生産能力は月間20万ユニット,年間240万ユニットですが,近い将来,年間1,000万ユニットまで引き上げることを検討している」
という見通しも記載されています。

 これでは他のメーカーが追いつけるはずもありません。

 

さて,ではどうするApple?

 となると…。
 やはり従来型のスマホはもちろん,新規技術となる「折りたたみiPhone」も当然ディスプレイはSamsungということになりそうですね。

f:id:es60:20190303174826j:plain

 記事中には,
「Appleに向けては,Galaxy Foldよりも0.1インチ小さい7.2インチのディスプレイを準備,披露した」
という具体的なディスプレイサイズにまで言及されています。

 Samsungの貪欲さ,恐るべしです。
 Appleは,今後も首根っこを押さえつけられたままの状況がしばらく続くことに,何らかの解決策は見いだせているのでしょうか?
 最近のApple,「遅れ」だけが取り沙汰されて少々心配です。