カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

Apple WatchはSmartWatch市場で約半分のシェアを獲得〜この状態を維持できるかが課題〜

ウエラブル端末市場でもAppleの強さが目立つ…今のところ

 iPhone,iPad,Apple Watch。
 どれも,それまでの世界にはなかったアイデアを搭載し,正に夢のような機能をひっさげて登場した夢の端末でした。
 その魔法のようなAppleの製品開発には称賛の声が鳴り止まず,時価総額最高の世界一の企業にまで成長しました。

 しかし,iPhone,iPadに関しては,ライバルの猛追が熾烈で,今やその絶対的な地位はなくなりました。
 近年繰り返されるApple周辺の動きを見ていると,かつて全盛を誇った日本の家電メーカーが,急速に衰えていった姿が少しずつ重なるようで,ちょっと怖い感覚にさえ襲われます。

 そんな中,ウエラブル端末市場におけるAppleの絶対的な強さを示すデータが公開されました。
 さて,問題はここから先ですね…。

 

現在の強みがどのくらい続くのか?

 記事によると,今回の統計は,所謂SmartWatchだけでなく,ワイヤレスイヤホン等の触れるだけ,または音声でスマートフォンと連動できるワイヤレスイヤホンを含めているとのこと。

 「ウエラブル」という言葉の定義が未だにあやふやな状態で市場調査が行われていること自体に驚くと同時に,それだけ未開拓な分野なのだなと感じました。
 こちらがデータです。

f:id:es60:20190310200220p:plain

f:id:es60:20190310200224p:plain

 第4四半期単位での比較,年度単位での比較の2種類のデータが出ています。
 このデータでは純粋な「SmartWatch」だけのデータは示されていませんが,Apple Watchの販売台数そのものが予測されていることから,総合的に見ると,Apple WatchがSmartWatchの中で約半数ほどのシェアを誇っていることになるのだそうです。

f:id:es60:20190310202150p:plain

 それにしても,Apple Watchのような高性能SmartWatch,その他の非常にシンプルなSmartWatch,さらにはワイヤレスイヤホンまでもひとくくりにされた統計だということに,何か衝撃を感じざるを得ません。

 ワイヤレスイヤホンや簡易SmartWatchに関しては,ほんの数千円ほどの製品も数多く流通していることを考えると,Appleの勢力が非常に強力なものであることが分かりますね。

 あとは…。
 この栄華が果たしてどの程度続くものなのか…という部分です。

 

高級路線はAppleの特権…今のところは

 現在のSmartWatch界において,「高級路線」として確固たる地位を築いているのはApple Watchのみであると考えます。

 その他はなかなか思い通りに売れていないか,安価でシンプルな機能に特化したもの殆どですよね。
 そう考えると,ことSmartWatch界では,Appleの天下は当分続くのではないでしょうか?
 ここには,
「ウエラブル端末には,そんなにお金は払えない…」
というユーザーの感覚が働いていることも否めないでしょう。
 時計マニアであれば,純粋な「時計」に向かい,それなりの金額を投資することもあるでしょう。しかし,Apple Watchの金額は,単なるガジェット好きが投資する金額としてはやはり高価なのでしょう。
 アップルが好きで,Appleデバイス間での連携に投資の価値を感じるからこそ購入するわけで,そこには各種デバイスを総合的かつ戦略的に売り出しているAppleの強みが感じられます。

f:id:es60:20190203175336j:plain

 他のメーカーは,単独でウエラブル端末を利用するほどのメリットを,未だに確立できていないということなのでしょう。
 問題は,特に中華勢が「その域」にたどり着くことができるか…ですね。
 もしこっち側にたどり着いてしまったときには…。またAppleも苦しい立場に立たされるかも知れません。
 まあ,こればかりは,いくらHUAWEIのような勢いのある企業でもなかなか難しいとは思いますが…。