カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

2020iPhoneのコンセプト動画出現!〜重要な機能に関して疑問が残る結果に〜

2020iPhoneのコンセプト動画出回る

 2019年のWWDCも終わっていないのに,噂だけはどんどん先に進んでいきます。

 この度,チェコのデザイナーが,2020iPhoneのコンセプト動画を公開したとのこと。 
 ただ,今回の画像を見ると,この方,相当現状を理解していない部分もあるのかな…と思わせる内容となっています。

f:id:es60:20190324092947p:plain

 

Face IDとTouch ID,カメラに疑問

 大きな疑問点2つに関して述べていこうと思います。

①Face IDとTouch ID

 今回のコンセプトでは,Face ID用のノッチが消滅し,TouchID内蔵ディスプレーが搭載されています。
 この点が相当怪しいと考えます。
 まず大前提として,
「Appleはロック解除の方法としてFace IDを最優先で考えている」
ということです。
 これを証明するかのように,先日は,Face IDで人間の大動脈を読み取る技術を特許申請したというニュースも流れました。

f:id:es60:20190324094403j:plain

 これで「双子でロック解除された…」ということもなくなるでしょう。
 ただでさえAndroid勢のFace IDよりも数段高い信頼性を誇っているAppleのFace IDですので,この部分譲ることはありえないでしょう。
 とすると,「ノッチレス」をどう考えるかです。
 個人的には,2020年に「ディスプレイ内蔵Face IDカメラ」を搭載することは不可能だと考えています。
 ですから,以前ご紹介した下の画像のようなパンチホールが残るのでは…?

f:id:es60:20190324094906j:plain

 ただ,1年半後にこの手の「パンチホール」機を出したときに,他のAndroid機がどうなっているか…。
 「遅すぎて」笑われることにならなければいいのですが…。

②カメラ

 なんと,「縦型3眼」を予想しているんですね。
 2019iPhoneのカメラは「正方形」の予想が強いですが,どうなることでしょう。

f:id:es60:20190324095234p:plain

 私としては「縦」の方がデザイン的にもカメラの特質上からいってもふさわしいと考えているのですが…。
 しかし,今回のコンセプトでは,納得できないことが多過ぎです。
 まずはレンズの性能。記事によると,
「標準(1x),ズーム(2x),広角(-2x)」
という内容。

 いやいや,2年後にこれはありえないでしょ?
 というか,2019でもこれはあり得ません。
 だって,今年のAndroid勢は「光学10倍ズーム」ですよ?
 iPhoneは,劣っている「マクロ性能」「ズーム性能」の補填をしていかないと,どうあがいても追いつけないところまで差をつけられてしまいます。2020年の段階で,こんな悠長なことをしている場合ではありません。
 このレンズ構成だけは,絶対にあり得ません。

www.youtube.com

 

補助的なTouch IDはあり得る

 第一優先はFace IDというiPhoneですが,「マスク問題」等,不都合な点が多々あることは否めません。
 これに対し,Appleが「補助的」な位置づけとしてねTouchID内蔵ディスプレーの研究を行っていることは以前から記事にしてきました。
 2020年,丁度いい頃合いなのではないでしょうか?
 その分,2019年iPhoneは,マイナーチェンジともいえる「地雷」となりそうな予感が漂います。技術的にも端境期です。 

 2020年には,このTouchID内蔵ディスプレーだけでなく,もしかするとデザイン的にももっと大きな変化があってもおかしくないのでは…と考えたりもしています。

 我々ユーザーは,これまでの「2年周期」というメジャーアップデートに慣れすぎています。iPhone6→iPhone7のように,3年間大きな変革なしだったときに私自身大きく戸惑いましたし。次の年が「iPhoneX」登場でしたので,なおさら悔しい思いをしました。

 さて,2019iPhoneと2020iPhoneの「つながり」はどのように演出されるのでしょうか?
 できれば,2019iPhoneがiPhone7のように「1年で消える」タイプの機種にはなって欲しくないと願ってはいるのですが…。