カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iMac2019購入記②〜Geekbench4で6Core搭載機の体力測定!…驚きと戸惑いと〜

姿形は全く同じなれど…

 昨日,ついにiMac2019が到着したことを取り急ぎお伝えしました。

f:id:es60:20190329201634j:plain 

 セットアップ等が終わると,まず気になるのがその「基礎体力」です。

 本日ふと「Geekbench」のホームページを見ると新型iMacのデータがすでに掲載させていましたね。

f:id:es60:20190330090502j:plain

f:id:es60:20190330090508j:plain

https://browser.geekbench.com/mac-benchmarks

 しかし,先代のiMac2017のときにも,このデータよりも結構上の数値が出ていましたので,今回も期待したいところ。
 SSDをカスタマイズしているところが効いているんでしょうかね?
 その原因は定かではありませんが。

 姿形は全く同じの2017,2019それぞれのiMac。
 さて,その中身は?

 

「シングル」「マルチ」とも大幅向上!

 では,ここから実際に私がGeekbench4で計測したデータをお知らせしていきます。
 比較対象用に,2017モデルも同時に掲載することとします。

・iMac2017→メモリ16GB,スレージ512GBSSD
・iMac2019→メモリ16GB,スレージ1TBSSD

 まずは2017年モデルから。
 「シングル・マルチ」「Metal」「OpenCL」の順になっています。

f:id:es60:20190330091235j:plain

f:id:es60:20190330091238j:plain

f:id:es60:20190330091242j:plain

 

 次にいよいよ,2019年モデルです。

f:id:es60:20190330091343j:plain

f:id:es60:20190330091346j:plain

f:id:es60:20190330091350j:plain

 まずCPUについて見てみると…。

 シングルで「約8.7%」,マルチで「約52%」という向上ぶりとなりました。

 また,ギークベンチに掲載されている当該チップ(Core i5-8500)同士のデータを比較してみると,当方のデータの方が,シングル,マルチそれぞれ「約5%」「約10%」ほど数値が高いことが分かります。

 更に,気になって2017iMacのギークベンチに掲載されているスコアと,私の2017iMacについも同様に調べてみました。
 こちらに関しては,シングルはギリギリ前掲の画像に載っていますが,マルチが切れておりますので,こちらに貼り付けておきます。

f:id:es60:20190330093318j:plain

 計算してみますと,マルチ,シングルとも「5〜6%」の向上となりました。

 

 整理してみると…。

①CPUが第8世代となり,性能が大幅に向上している。
②特にマルチの向上ぶりが顕著である。
③標準のデータに比べて,当方の個体の性能が高くなっている。
④③について,2017モデルと比較すると,特にマルチの部分での伸びが大きい。

となります。

 ②に関しては,やはり「6Core化」されているということで,予想どおりの結果です。正にこの部分を期待しての買い換えでしたので。

 また,「標準データ」との比較において今回注目していたのが,2017モデルの「SSD512GB」から,今回の2019モデルは「1TB」に増強している点です。
「SSDは,容量が大きくなるにつれて速くなる!」
といわれていますので,両者を比較して「マルチ」の性能が特段アップしているのは,
「CPUコア数とSSD容量アップが関係しているのでは…?」
などと勝手に予想しているところです。

 

どうした? グラフィック…

 反面,期待を裏切られた格好なのはグラフィックです。

 2019年モデルはグラフィックが「X」化され,若干なりとも強化されているはずなのですが,なんと両者殆ど変わらず…という結果に。

 どうしたことでしょう?
 個体内の相性の問題なのか?
 それとも570Xそのものの性能が,570と殆ど変わっていないのか?

 新モデルを購入した立場でいえば,少しでもいいので明確なアドバンテージが欲しかったところです。

 

 さて,今回は本当に基本的な性能値を簡単にお知らせしました。
 次回は,ディクススピードのデータに加え,実際に使用してみての感想も加えて記事にしていきます。
 どうぞお楽しみに!