カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

予想どおり「残念」だったSafariの「ダークモード」〜全面対応の日は来るのか?〜

期待していた「Safariのダークモード対応」の結果は?

 以前から,本ブログでは画面のダークモード化の重要性を主張してきました。 

 とにかく,「目への負担」が違います。
 特に,大画面で画面を見つめることになるMacにおけるダークモード化の重要性は喫緊の課題とさえ思っています。
 Macの純正アプリや,主要どころのアプリのダークモード化はかなり進んでいますので,最大の関心事は「Safari」。

f:id:es60:20190328141623j:plain

 これまでは,タブ部分などのごく一部にしか対応していなかったため,今回の「macOS Mojave 10.14.4」 へのアップデートで,どの程度まで対応が進むのかに大きな期待を寄せていました。 

 と同時に,
「結局は各Webページの対応による」
という情報が広がったことで,正直過度な期待は禁物だな…と考えていたところでした。
 ダークモード対応を謳ったChromeの最新版でも,殆ど役に立っていませんでしたし…。 

 さて,実際のところは…?

 

予想どおりの「残念賞」

 まずもって,アップデート前の情報を見ると,すでに嫌な予感がしました。
 次のような説明の一分が冒頭にあったからです。

「カスタムカラー設定に対応しているWebサイトでダークモードに対応」

 専門的な知識は皆無なのですが,
「あっ,やっぱり無条件じゃないんだ…」
という思いがしたわけです。

 そして,アップデート後に確認すると…。
 そう。通常の使用においては以前と殆ど変わりがありません。

 つまりは,
「一般のWEBサイトの殆どがカスタムカラー設定に対応していない」
ということなのでしょう。

 これではいくらAppleが「ダークモード対応」を歌っても,肝心の我々ユーザーになんのメリットもありません。
 AirPowerの件といい,最近のAppleのやり方は,ここら辺がユーザーの感覚とズレているんですよねえ。

 というわけで,全くの空振りに終わったという今回のアップデートでした。
 個人的には,前掲の記事内にある,Safariのプラグイン「Nightlight」をだましだまし使っていくしかなさそうです。

Nightlight for Safari

Nightlight for Safari

  • David Wu
  • Utilities
  • Free

  

iOSも心配…

 これ,iOSも同じような道を辿りそうですね。

 純正アプリは対応するが,Safariはウェブページの仕様に左右されるという…。

 いや〜,本当に早くダークモードの重要性に気付き,対応していただきたい。
 まずはYahoo!などの大手がぐいぐいとダークモード対応を推し進め,ワードプレスやはてなブログもダークモード対応を標準化する。

 業界が一致団結して進めていかないと,結局はこのままの足踏み状態が続いてしまうような気がします。