カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

REALFORCE for Mac発売開始!〜どうしよう…ひらがな入力なのにポチってしまった〜

ついに発売! 待ちに待ったMac用RealForce!

 ついに発売されました!

 当初「3月発売」とアナウンスされ,当方が問い合わせたところ「4月上旬発売」に変更になっていたことが判明した「REALFORCE for Mac」。 

f:id:es60:20190411194127j:plain

 ついに昨日の4/11に発売になりました。

 そして…。
 ポチッと,やってしまいました。

 ひらがな入力なのに…。

 

いや〜,値が張りますね!

 いや〜,値が張りますね。

 私が購入したのは「REALFORCE SA for Mac / R2SA-JP3M-WH」
 スイッチの「ON位置」を調整できるAPC(アクチュエーションポイントチェンジャー)という機能に対応した上位版です。
 せっかく購入して,
「APCが無かったから好みに合わなかった」
という自体になることだけは避けたかったためです。

f:id:es60:20190411202034j:plain

 私は「土曜日受け取り」が約束されたヨドバシで購入しましたが(ポイントもありましたので),「34,560円(13%還元)」

 Amazonですと,「30,910円」。 

 私がかなり以前に購入した初代のウインドウズ版RealForceは2万円ほどで購入できたと思いますので,驚くべき価格ですね。
 通常の値上がり分もあるでしょうが,やはり「Mac用」という特殊性がそうさせているのでしょうか?

 

MagicKeyboardよりも速いか? ひらがな入力に対応できるか? 

 当然のことながら気になることが2つ。

 一つ目は,「RealForceの入力がMagicKeyboardよりも速いのか」ということです。
 前回の記事で,MagicKeyboardを使用していると
「ミスタイプが多くなる」
ということを書きました。

 しかし…。
 MagicKeyboardの打鍵感が特に嫌いなわけでもなく,何だったらストロークが浅い分,単純なタイピングは速いのかも…と,その後,家にあるWindows用のRealForceを試し打ちしながら感じたりもしたのです。

 もしかすると,すっかりMac特有の浅い打鍵感に慣れてしまっているのかもしれません。
 もし3万円超の買い物をして打ち込みが遅くなったら…。
 ああ,怖い。

f:id:es60:20190411203734j:plain

 二つ目は,「ひらがな刻印なしのキーボードに対応できるか?」ということ。
 これも前回に書きましたが,ブラインドタッチはできるものの,チラチラと見る「ひらがな刻印」に助けられていることも否定できないからです。特にミスタッチの後のリスタート時など。
 実際どのようになるかは想像もできません。
 私,どうしても迷うようだったら,
「キーにマジックでひらがなを書いちゃおうかな…」
などと,半ば真面目に考えたりしています。

 どうせ誰にも見られないし。
 それで快適に使えるのだったら,それもありかと…。

 ねっ,前回も書きましたが,悩みが「変態的領域」に突入しているのです。
 自分でもヤバいとわかってます。

 さて,土曜日に到着するRealForce。
 第一印象はどうなりますことか…。
 たとえ第一印象が悪くても,当然しばらくは使い続け,指が慣れるかどうかは探るつもりです。

◆追記◆ 

www.oyazi.site