カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「REALFORCE for Mac」の衝撃!①〜ついに来た,Mac版RealForce シルキータッチが快感を生む〜

待ちに待った「Mac版RealForce」到着!

 ついに到着しました。

 Mac版のRealForce!

 Windows環境時代に愛用していた東プレのRealForce。
 Mac環境に移行した後は,アプリで無理矢理Macに対応させて使用しようとした時期もありましたが,何故かシステムが不安定になるなどの事態となり,泣く泣く使うことができずにいました。

 それがここに来てMac版のRealForce発売情報。
 しかし,私が「ひらがな入力」という中での「JISに対応していながらも,キー刻印は英数表記のみ」というとんでもない「さげすみ」…。

 変態的に悩みながらも,ポチってしまったということについては,以前に書かせていただきました。 

 一か八かの博打ですが,さてどうなりますか…。
 まずは届いた実機をご紹介します。

 

黒光りする箱,以外とチープな筐体

 まずは外箱。
 黒光りするその外観は,妙な威圧感があります。

f:id:es60:20190413122007j:plain

f:id:es60:20190413122021j:plain

 黒と赤という色使いも,その威圧感に影響しているのかもしれません。

 さて,蓋を開けると…。

f:id:es60:20190413122143j:plain

 お〜っ!
 現れました,英字刻印のキーボード。何故かこれを見ているだけで,ひらがな入力の私は腰が引けるわけで…。
 色は,Blackもあったわけですが,個人的に「RealForceといえばアイボリー(今回はホワイトのようですが)」というイメージが強く,これまで通りの色にしました。
 確かに以前のアイボリーよりもキーが白く,銀色の枠と相まって渋く感じます。銀盤の質感は今ひとつですが…。

 いや〜,いいです。見ているだけで何故か落ち着く面構えなんですよねぇ。

 待ちきれず,iMacの前に配置してみました。

f:id:es60:20190413122737j:plain

 これまでのMagicKeyboardは薄かったため,パームレストはあえて使っていなかったのですが,RealForceは厚みが違います。
 Windows時代に使用していたものの再登場です。これ,以前「Shop-U」で購入した革製の限定品だったかと思います。上下で段差があるタイプなのですが,私は段差をあえて反対向きにし,手前が高くなるようにして使用しています。

f:id:es60:20190413123203j:plain

 

快感の打鍵感 正に「シルキー」,脳内で快楽物質が分泌する

 早速Macに接続。
 打ち込んでみると…。

 おっ,おっ,おっ・・・・
 気持ちいいいいいいいいいいいい・・・・・・・!

 正に「シルキータッチ」
 初の静音モデルということもあり,Windows時代のRealForceのような音がありません。非静音モデルも,対して大きな音がするわけではありませんが,何か不思議な感じ。何かに吸い込まれるような…。
 素晴らしいです!
 快感です。
 これだけで「買ってよかった」と感じます。
 皆さんにも是非体感していただきたい!

 打鍵感については,キー認識の深さを調整できる「APC」を搭載したモデルであり,しかもキー加重がこれまでの偏荷重から「30㌘」と軽くなったこともあり,ずいぶんと印象が軽やかになりました。
 この「各種設定」に関しては,今後のレビューをお待ち下さい。

 そして,肝心の「英字刻印のキーボード」ということについて…。
 なんと…。
 何の問題もありませんでした。

 自分でも驚くくらい。
 自分でも感じる「何故?」については,英字刻印を初めて経験して分かったこともありますので,こちらも今後まとめさせていただきます。

 とりあえず本日の結論。
 今後の相棒は「REALFORCE SA for Mac / R2SA-JP3M-WH」で決まり。
 故障するか,次の大きな改定があるまでは…。
 東プレ製品が私のやわい使い方で壊れるとは思えませんので,相当長い付き合いになりそうです! 
 次回は,もっと具体的な設定や打鍵の印象などを…。