カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

だったら「iPhoneSE2」でいいじゃないか!〜Apple,2020年3月にiPhone8のアップデート版を発売?〜

まだ引きずる? 旧態依然のスタイリング

 昨秋のiPhoneXS・XR発売以降,不人気のフラッグシップ機を尻目に,しばらくの間売上首位を独走していたiPhone8。

 確かに価格,コンパクトさなど,今となってはこの機種にしかない魅力がてんこ盛りの,唯一無二の機種になっています。
 しかしこのiPhone8,個人的には「iPhoneSE」同様,もうしばらくしたらディスコンの状態になるのかな…と踏んでいました。
 さすがにもう間もなく,Appleは「Face IDへの一本化」を図ろうとするのではないかと考えていたからです。

 しかし…。
 なんとAppleは,iPhone8の後継を用意しているという記事が来ています。
 本気なのでしょうか?

f:id:es60:20190418204336j:plain

 

だったらなぜ「iPhoneSE2」の開発を捨てたの?

 記事によると,この「iPhone8後継機」は,中華スマホ陣営の後塵を拝している「中価格帯」のモデル強化のために開発されているとのこと。

 スペックとしては,

・新型2019iPhoneと同様の「A13」チップ搭載
4.7インチ,Touch ID搭載で,基本的なデザインはiPhone8を踏襲
・価格は「73,000円」ほど

とのこと。
 iPhone版「新型iPadMini」といった位置づけでしょうか?

f:id:es60:20190418204408j:plain

 筐体デザインの維持はともかく,私が気になるのは以下の2点。

①中途半端な価格設定

 この価格の端末を購入するとなると,税込みで「8万円弱」…。
 いくらチップが最新鋭とはいえ,高すぎませんか?
 むしろ型落ちのチップを搭載して価格が「5万円台」などという思い切った設定であれば,爆発的に売れるとは思うのですが,どうでしょうねぇ…。
 一定の購買層はいるはずですが,やはり「使い古されたデザイン」が痛い。「進んで買いいえたい」というよりも,
「何かしらの妥協を経てたどり着く端末」
になってしまうのではないでしょうか?

②この価格だったら,「iPhoneSE2」であって欲しかった!

 これ程の高価格帯に提案するものであれば,やはりベゼルレス化された「iPhoneSE2」であって欲しかった!

f:id:es60:20190418204548j:plain

 「デザインそのまま」というコンセプトが,もはやAppleのそれではないのです。
「コンパクトで,これまでにない高級感漂う」
というコンセプトの端末を,
「そこそこの値段で」
提案して欲しかった!

 最悪なのは,
「フラッグシップ系の売上が,来年度も期待できないため,急遽iPhone8の後継を画策した」
という展開です。
 考えたくはないのですが,もし本当にiPhone8後継が発売されるようなことがあれば,私,この流れで考え出されたのではないかと予想します。
 だって,iPhoneSE2を否定し,iPhoneXRという「廉価版」を世に問うた時点で,もはや「小型機」のイメージはAppleにはなかったはずだからです。

 もし当初から「小型機」を想定していたのであれは,そもそもiPhoneSE2の開発がお蔵入りになることもなかったでしょうし,初代「iPhoneSE」もディスコンにはならずに継続販売されていたはずだと考えます。

 

やはり今年も「展望なき迷走」の繰り返し? 

 このような情報が出てくるあたり,今年のiPhoneも,いろいろな意味でこじらせているのかもしれません。
 昨年度のこじらせ代表「iPhoneXR」の二の舞は避けていもらいたいなあ…。