カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

AirPodsがワイヤレスイヤホン販売を牛耳る?〜PowerBeats Proの発表でAppleの加速度が増す?〜

AirPods(第二世代)の登場で市場シェアはどう変わったか?

 AirPods(第二世代)が発売されてしばらく経過し,その改訂具合等,実態が伝わってきた状態ですね。

 私もレビューを上げましたが,音質等の実質的な改訂というよりも,H1チップを中心としたソフトウエアレベルでのマイナーチェンジという印象が強いものとなっています。 

 一般動画でのレイテンシに関しては,何とか我慢できるほどに改善されていますので,私のように「iPadでの動画視聴めあて」など,初代の性能の一部に不満があった層には,積極的な買い換えの意味があるかもしれません。 

 さて,そんな2代目AirPodsの売れ行きやいかに?
 思いのほか好調のようですね。

f:id:es60:20190325180659j:plain

 

AirPodsトータルで「シェア50%超え」!

 記事によると,3/30〜4/5の販売台数シェアは,当然のことながら「AirPods with Charging Case」となっており,そのシェアは約30%

 さらに,これに次いで売れているのが初代AirPodsで,こちらのシェアは10〜20%ほど。恐らくこの時点での「在庫品」でしょうから,すぐにランキングからは消えてしまいそうですが,第2世代の発表を受け,それほどのインパクトがなかったため,「初代で十分」と判断した層が結構いたということなのでしょう。

 ということは,「第2世代」として発表された「ワイヤレス充電非対応モデル」は現時点ではさほど動いていないということですね。
 まあ,性能はさほど変わらずに,価格が上がっているので,この結果も頷けます。

f:id:es60:20190321091025j:plain

 しかし恐らく,初代が完売した後には,その位置づけになるのがこのタイプでしょうから,一定のシェアは占めていくような予感がします。
 「ワイヤレス充電必要なし」と考える層は多いように感じますので…。
 しかも,AirPowerがキャンセルさせた今となってはなおさらです。

 というわけで…。
 この期間のでのAirPodsシリーズ全体のシェアは,なんと「51.9%」ということです。
 驚異的な数字だと考えます。

 

PowerBeats PROの登場でAppleの天下となるか?

 Appleにはさらなる追い風が控えていますね。
 そう,5月に発売が予告されている「PowerBeats PRO」です。

f:id:es60:20190406091829p:plain

 初代に比べて音質が大きく向上するようだということで,相当な注目を集めているモデル。 

 この機種の評判がよく,更にその後に控えているであろう「BeatsX」の後継機も一定の評価を受けるようであれば,これはいよいよ「Appleの天下」が訪れるのかもしれません。

 恐らく完全ワイヤレスイヤホン黎明期の今を抜けると,Apple製品のような「ほどほどの音質だが機能性を重視した」イヤホンと,音響メーカーの「音質特化モデル」とに明確に分化させていくものと考えます。

 「音質特化」側は,しばらくの間は「有線」の絶対的有利を覆せそうにはありませんので,多くのユーザーを抱えているでであろう「機能性重視ユーザー」をいち早く取り込んでしまうことが,Appleが今後目指す「脱iPhone化」につながっていくのかもしれませんね。