カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

Qualcommは,「ディスプレイ埋め込み指紋認証」まで連れてくる?〜Qualcommの意外な得意分野とは…?〜

「モデム」だけではないQualcomm?

 長きにわたるQualcommとの法廷闘争が急転直下の解決となり,いよいよ5Gモデムへの道筋が見えてきたということは,先日お伝えしました。 

 「モデム」という業界において,Qualcommの絶対的な優位性を示したこの事案。
 表面的には「和解」という一言で表現されていますが,どう考えたって,その実情は「Appleの惨敗」だったいうことは明らかです。
 Intelがモデル関連事業への熱意を失った結果,AppleにはQualcommとの和解しか選択肢がなかったのでしょう。

 さて,私のような素人は「Qualcomm=モデム」と短絡的に考えてしまいがちですが,実は他にも世界トップクラスの技術をもっているようで…。
 この度,Qualcommのもっている「超音波式指紋認証」が,iPhoneに新たな可能性をもたらすのではないか…という記事が来ています。

f:id:es60:20190423212432p:plain

 

精度の高さでFace IDを選んだはずだが…

 記事によると,Qualcommは,モデムの他に「超音波式の指紋認証システム」においても高い技術力をもっているとのこと…。
 Androidは,「ディスプレイ埋め込み指紋認証」とFace IDとの「二刀流機種」も存在し,Qualcommとの再提携は,Appleの動向にも影響しそうだと,記事はまとめています。

 まあ確かに,昨年度から今年初頭にかけて,「Face IDとTouchID内蔵ディスプレー」とのデュアル解除システムを念頭にした新たな指紋認証に関する特許が,立て続けに申請された時期がありました。 

 今回のQualcommとの和解は,これらの動きを加速させることになるのでしょうか?
 私はさすがに「メイン」としての指紋認証はないのでは…と考えます。

 以前の記事でも書きましたが,AppleはiPhoneX発表時に,
「Face IDの方が,ロック解除面でのセキュリティが高い」
ということを要因に,Touch IDからFace IDへの移行を説明しました。

 そして,今現在においても,こと「セキュリティ面」においては,「AppleのFace ID」が信頼性が最も,しかもダントツで高いようです。他メーカーのFace IDは,この部分は,Appleが最もこだわっている部分ですので,そのランクを下げてまで,指紋認証に立ち戻ることは考えられないでしょう。

f:id:es60:20190423212633j:plain

 ではなぜ指紋認証に関する特許を申請し続けるのか…。
 それは,Face IDの「使い勝手」が原因…,ということでしょう。
 目の向け方,端末の角度,マスク,寝起き顔等々,Face IDが認識せずにイライラする要因は実に様々です。特に「マスク」と「角度」では,何度Face IDの「審査」に落とされたか分かりません。

 こんなときに,「指紋認証」という「サブ的な」認証方法が保険として設定されていたら,最高に便利なんですけど!

 

セキュリティが下がらないような指紋認証の活用法は? 

 今後のことを考えた際に,「指紋認証の精度を上げる」という大命題はあるかもしれませんが,それ以前に私が気になるのは,Face IDをメインとした上で,どのよう指紋認証を位置付けるのかということです。

 具体的にいえば,
「Face IDがダメな場合,自動で指紋認証の画面が浮かび上がる」
ようになったりすると,非常に便利なのですが,第三者にもなりすましのチャンスが生じるような「二次的認証方法」であってはならないということです。

f:id:es60:20190423212902j:plain

 特に指紋認証に関しては,「指紋のコピー」であったり,「寝ている人の指紋を拝借…」といった突破口が生じてしまうことも事実。
 だとすれば…。
 Face IDでの認識ができない場合,
目線が合っていることを条件に,指紋認証のマークが浮かび上がる」
などの,「指紋認証に辿り着くまでのセキュリティ」を考えなくてはならないでしょう。

 さて,Appleはこのあたりをどのように解決してくるのでしょうか?
 まさかいきなりFace IDを捨てて…なんてことは無いですよね?