カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

これでデザインは決まり!「iPhoneⅪ」のレンダリング画像続々流出〜問題は「XS」との機能的な違い〜

iPhoneⅪ,これで決まりでしょう

 外見の大きな変化が「トリプルレンズ搭載」ということが,昨年から噂になっていた2019iPhone(仮称iPhoneⅪ)。
 正方形に並んだレンズ配置の,あまりに醜いレイアウトに,個人的には「これは無い!」と考えていましたが,どうやらそのまま行くようで…。

 iPhoneの情報って,結構初期段階のものが生きている場合が多いので,侮れないと強く感じています。
 さて,どうやら新型iPhoneのデザインが最終決定したのではないかと考えます。
 先日は,筐体,あるいはケースの金型と思われる画像も流出。そしてこの時期になり,Ben Geskin氏や「9to5Mac」のTwitterなどに,急速にレンダリング画像の流出が増えてきました。


 恐らくこれで決まりでしょう。

 

売りは「ガラス一体型」となる背面くらい?

 流出している画像は以下のようなものですね。

f:id:es60:20190427092228j:plain

f:id:es60:20190427092240j:plain

f:id:es60:20190427092242j:plain

f:id:es60:20190427092245j:plain

 デザイン的な面で最も意外だったのは,
「ノッチの大きさがほぼ変わらない」
ということ。
 これ,最新のフラッグシップ機の中では,よくない意味で「かなりの存在感」を発揮しそう…。せめて「縮小化」できなかったものでしょうか?
 昨年の段階での予想では,「ノッチ小型化」は既定路線のような論調でしたので,もしかすると,技術的な面で問題が発生した可能性もありますね。

 その他は,カメラ以外はほぼ同じ。
 筐体の厚み,ミュートボタンなど,若干の変更はあるようですが,ユーザーからしたら「同じ」という捉えで問題なし。
 唯一の大きな変更と思われるのは,背面のガラス処理でしょう。

 記事によると,
「背面のガラスが,一枚物でつくられている」
という点。
 つまり,カメラ部の突起を覆うように,曲面加工されたガラスで覆われるということです。そのためか,カメラ部の隆起もiPhoneXSより抑えられているようですね。

 しかし…。
 多眼化によって「目玉」の数が多くなり,ブラックやスペースグレイの筐体でないと,レンズが異様に目立ってしまうのでは…と考えてしまいます。
 もし購入するのだったら,できれば「ジェットブラック」の再販を求めたくなるところです。まあ,どうせ純正のレザーケースを装着しますが…。

 

これだけでは弱い! 一体何がグレードアップするのか?

 いや〜,弱いでしょ。
 実質,ここまではっきりと分かっているのはカメラ部の進化のみです。
 そのカメラにしても,HUAWEIの性能を考えたときに,すでに今年度iPhoneの「絶対的売り」とはならないことは明白です。むしろ,
「追いつくどころか,追いつけないことを白日の下にさらす結果になるのでは…」
ということは,以前の本ブログでも書かせていただきました。

 もちろんA13チップの性能向上はあるのでしょうが,はたして
「新しくできるようになること」
を,どれだけ我々ユーザーの前に提示してくれるのか…という点が気になります。

 5G化も来年のようですし…。
 巻き返し…,厳しいかもしれませんね。「価格下げ」が絶対条件になるような気がします。

 でも,Appleはしないんだろうなあ…。