カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

池井戸潤最新作「ノーサイド・ゲーム」→6/13にダイヤモンド社から発売!〜TBSドラマ「ノーサイド」の原作〜

「TBS・ラグビーW杯・池井戸潤」の三つ巴談合策の発売日がついに決定

 以前に本ブログで,7月期のTBS日曜劇場枠で,大泉洋さん主演の「ノーサイド」というドラマが放送されるということをご紹介しました。 

 「日曜劇場」という国内トップのドラマ枠,「大泉洋」というネームバリュー,「ラグビー」というタイムリー感,そして「池井戸潤」という絶対の切り札…。

f:id:es60:20190430114841j:plain

 もう,どれをとっても話題にならないわけがないですよね。
 そして,その原作となる池井戸潤さんの「ノーサイド・ゲーム」が,6/13に,ダイヤモンド社から発売されることが決まりました。

 ドラマのタイトルも,「ノーサイド・ゲーム」に変更になるのではないでしょうか? 

 

いつものような展開です(ハッキリ!)

 書き下ろしということで,ドラマ情報が先に流れていましたね。

 内容はというと,
「出向させられ,出世の目をたたれた大手製造メーカーの社員が,出向先のダメダメラグビーチームを再生される」
という,まあ,いつものお話です。

 ダイヤモンド社のHPには,簡単な内容と章立てが紹介されていますね。

f:id:es60:20190430113133j:plain

 ラグビーものということで,章立てもそれらしく命名されています。
 内容は,大体想像できるわけです。

・出向先のダメダメぶり。
・過去の栄光だけに縋るやる気の無い選手達。
・降りかかる本社からの圧力。生まれる反骨心。
・ライバルチームに勝てばチーム存続…という類いのやる気の基。
・とにかく頑張る。襲いかかる数々のトラブル。
・最終盤でのラッキーの連鎖。
・大団円。本社に戻る主人公…。

 筋としては,これから大きく外れることはないのでは?
 結構な自信があります,私。

「大人の事情」が匂い立つ…

 いつも書かせてもらうのですが…。
 最近の池井戸さんの周辺からは,「大人の事情」しか匂ってきません。
 特に最近はTVドラマとの連動が非常に目立ちます。下町ロケットでは,朝日新聞に先行連載したり,上下巻に分けて発刊して視聴者・読者をつなぎ止めたり…と,もはややりたい放題です。

 エンタメとしておもしろいため,どうしても読みたくなるのが池井戸作品なのですが,その作風も最近ではお決まりのパターン。
 しかも日曜劇場の原作となれば,前述したとおりにストーリー展開まで丸わかりです。

 しかも…。
 今回はそれに「ラグビーW杯」までついてくる始末。

f:id:es60:20190430115150p:plain

 もはや裏側で暗躍する大人達の姿が前面に出すぎて,素直に作品に浸れないかも…なんて考えてしまうほどです。 

 昔のような,大衆に迎合しない,しびれる経済小説を読んでみたいなあ。
 今回の作品はこれとして,目を覚ましてくれませんかねえ,池井戸さん。

 ちなみに,6/21には,「陸王」の文庫版の発売も控えています。
 ここにも大人の事情が…。 

陸王 (集英社文庫)

陸王 (集英社文庫)