カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

2019iPhoneはバッテリー容量が大幅増加?〜これは数少ない買い換えのきっかけになるかも…〜

なんと,2019iPhoneは,バッテリー容量が大幅増?

「代わり映えのしない,はずれ機種?」

 そんな声が聞こえてきそうなほどに,2019iPhoneには「売り」が少ないように見えます。
 その点については昨日お伝えしました。  

 「見える部分」においては,「トリプルレンズ」くらいしかないんですよね…。大きな変化が。
 逆に,iOS13やiPadOSという,ソフトウエアによる変化が大きいのも今年度の特徴で,このあたりも「iPhoneのハード面」に対する厳しい視線となって現れているように感じています。

 さて,そんな中…。
 僅かですが,2019iPhoneを肯定的に見ることのできる話題が流れてきました。
 新iPhone,特にiPhoneXS,Maxにおいて,「バッテリー容量が大幅に増加する」というのです。
 これが事実であれば,「買い換え」に向けて大きなアピールポイントになるのではないかと考えます!

 

「双方向ワイヤレス充電」が要因か?

 記事によると,中華系のサイトが,現行iPhoneが,以下のようにバッテリー容量増加されると報じているというのですが…。

・iPhoneXS・・・・・現行2,658mAh→新機種3,189〜3,322mAh
・iPhoneXSMax・・・現行3,174mAh→新機種3,650mAh
・iPhoneXR・・・・・現行2,942mAh→新機種3,110mAh

 これ,どこかで既視感がある数値だな…と思いましたが,当ブログでも自然に話題にしたことのある内容と,ほぼ一致する内容となっています。 

 このときの噂の出所は,いつもの「ミンチー・クオ氏」でした。
 バッテリー量増加の根拠としてあげられているのが,Galaxyで先行導入された「双方向ワイヤレス充電」に対応するためということですね。

f:id:es60:20190618184725j:plain

 この情報がトレースされたとなると,いよいよ「バッテリーの大容量化」が視野に入ってくるのでしょうか?

 

「本当だったら…」と,全幅の信頼を置けない理由

 しかし…,皆さんはこの情報を信じることができますか?
  私は「無理なのでは」という思いがどうしても先に来てしまいます。

 前掲の記事内には,
「iPhone XSの後継モデルは0.15mm,iPhoneXS Maxの後継モデルは0.4mm分厚くなると言われている。」とされていますが,このほんの僅かな「厚み」の中に,20%分ものバッテリーを詰め込むことは到底不可能なのではないでしょうか?

 「厚み以外」で考えるとすれば,
「内部構造のスリム化でバッテリー空間を確保」
という戦略しか考えられないわけですが,ただでさえキツキツに詰め込まれているiPhone本体内部に,そのような「余裕」が果たして存在するものでしょうか?

f:id:es60:20190618185017j:plain

 これが,「A13チップの省電力化も加味され…」ということであれば,まだ信憑性も増しますが,今回の情報はあくまでも「バッテリー量の純粋な増加」という観点です

 もし本当だったら…,魅力薄の2019iPhoneへの風向きが変わることも考えられるかもしれません。
 使用中のバッテリー減りは,iPhoneの大きな弱点だったわけで,この点が改善されることを買い換えの第一義としているユーザーも多いでしょうから。

 さて,実際のところはどうなりますことやら…。