カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

2020iPhone,「5G対応」で差別化か?〜5.4インチへの「小型化」の噂も…〜

2020iPhone,気になる情報が再び…

 ここに来て,iPhoneの話題て賑やかになっていますね。
 先日は,2019iPhoneについて,「バッテリー容量増加」という魅力的な情報が再度現れたということをお知らせしました。  

 この情報の魅力的な部分は,「以前にも流れていた情報が再度流れた」という点です。
 一度流出してそのまま消えてしまうのであれば,その情報の信頼性自体に大きな疑問符がつきますが,「再び…」ということであれば,期待してしまう面もありますね。

 そして…。
 そんな「再び…」という情報がもうひとつ現れました。
 今回は2020iPhoneに関する話題です。

 

「サイズ展開」「5G」という差別化が気になる…

 記事によると,気になるポイントが2つ。
 それは,

①全モデルがOLED化されるが,サイズ展開が「5.4インチ」「6.1インチ」「6.7インチ」へと変更される
②「5.4インチ」「6.7インチ」が「5G対応」,「6.1インチ」は「4G対応」になる

という点です。

f:id:es60:20190619184549j:plain

 実は今回の画面サイズの噂,以前にご紹介したものとほぼ同じですね。 

 しかし,唯一,そして最大の違いは,以前の情報では,
「5.4インチモデルを廉価版」
としていたことです。

 新情報では,5.4インチモデルは「5G」に対応したフラッグジップのようですので,どうやら「廉価版」となるのは「6.1インチモデル」ということになりそうです。

f:id:es60:20190619182305j:plain

 前情報では,
「画面サイズが小さい方が上位機種という逆転現象」
を解消する狙いについて言及されています。
 しかし今回の情報では,どうやら現行のiPhoneXRに置き換えられるのが「新6.1インチモデル」ということでしょうから,画面サイズのヒエラルキーのとらえとしては,「変わらず」ということになるのでしょう。

 

「5G」は必要か? 「6.1インチモデル」は安くなるのか?

 さて,いざ機種選択となった場合,最も気になるのは「5G」の必要性です。

f:id:es60:20190619184635j:plain

 2020年の段階で,5Gってどの程度進んでいるのでしょうか?
 これ,なかなか進んでいないんじゃないですかね?
 だとすれば,フラッグシップの「5G」は宝の持ち腐れということになるのでは?

 前回の「4G化」の際には,現在のような「機種間のヒエラルキー」がありませんでしたので,今回のように悩むこと自体がなかったわけです。
 当然「5G化」されていない場所では自然に4Gに繋がるシステムのはずですので,日本の5G対応が遅れれば,iPhoneのフラッグシップモデルそのものが宝の持ち腐れとなってしまいます。

 これで,「6.1インチモデル」がすくなれば,今年のiPhoneXRとはことなり,こぞって「廉価版iPhone」へと動く要因になるかもしれません。

 しかし,恐らくこれに「カメラレンズ」「認証方法」等の更なる差別化があるのではないかと考えますので,それらとの兼ね合いになるかもしれませんが…。
 具体的にいうと,2019モデルのようにカメラのレンズ数,マクロ対応の有無等で差別化したり,噂になっている「TouchID内蔵ディスプレー」を5.4インチと6.7インチのみに採用したり…。

f:id:es60:20190619184816j:plain

 「TouchID内蔵ディスプレー」は非常に魅力的ですので,もしこの予想がビンゴであれば,5Gが不十分でもフラッグシップが魅力的に映る可能性も…。

 

 いずれにせよ,2020iPhoneは「ビッグチェンジ」といえるほどの改変となるはずですので,どのような価格,機能,性能等で我々の前に姿を現してくれるのかが非常に楽しみです。

 とも2019iPhoneを通り越して予想している時点で,「2019iPhone」の影の薄さが気になるわけですが…。