カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iPhoneXSが売れないことでMac・iPadの有機EL化が促進?〜SamsungがOLEDの購入不足を指摘〜

「契約のOLEDパネル数を捌けていない」 Samsungからの指摘

 とにかくその不人気ぶりが際立った2018iPhone。
 特にやり玉に挙がったのは,主力とみられていた「iPhoneXR」でした。
 Appleが考えていたようには売上が上がらず,不振の第一要因であることには変わりありませんが,それでも一応は3種のiPhoneの中では最も売れている機種になっているようです。

 しかし,致命的なのが「iPhoneXS」のようですね。
 Maxよりも圧倒的に売れていないようで,全くいいところなしのようです。私も使用していますが,いいデバイスだと思うんですけどね…。

 画面の大きさが中途半端なのが痛いようで,iPhoneSEの整備済品を出せばすぐさま売り切れるように,より小型のデバイスを求める層と,殆ど画面サイズが同じでより安価なiPhoneXRを選択する層との狭間で,大苦戦を強いられているようです。

 これを受けてか,20120iPhoneでは「5.4インチ型」へとサイズダウンされたモデルが投入取れる模様。 

「だったら最初から,iPhoneXRじゃなくてiPhoneSE2を投入していたら,全てが丸く収まったのに…」
と,今更ながらにAppleの見通しの悪さを嘆きたくなる自分がいます。

 さて,そんな中…。
 iPhone用OLEDに関して,SamsungとAppleが協議に入っているようです。
 しかし,もしかするとこれ,ユーザーにとって「吉」と出る可能性もはらんでいるようです。

 

iPhoneXS→Mac,iPad?

 そもそもこの問題,当初AppleとSamsungが結んでいたサムソン製OLEDの販売数に関するトラブルのよう。
 要は,iPhoneXS系が想定以上に売れず,結果としてApple側が契約上の「予定購入数」を購入できなかったということなのです。

 そりゃそうでしょうね。
 これだけ売れていなければ,OLEDパネルも必要ないでしょうから…。

 問題はここから。
 当然Samsungはこの「契約違反」に対して違約金等の申し入れをしているようなのですが,双方で,購入できなかったOLEDの,他のデバイスへの「転用」の道を探っているというのです。

 上記の「iPhone Mania」さんの記事内ではオブラートに包んだように書き方になってますが,2段目の「MacRumors」の記事では,
「iPadPro,MacBookへの転用」
という言葉が踊っています。

f:id:es60:20190622120908j:plain

 これ,もし実現するのであれば,ユーザーにとっては正に「けがの功名」的な「利益」となるのではないでしょうか?

 私は以前から有機ELの目への優しさから,大画面のiPadやMacBookでこそ,OLEDのよさが生きる…と主張してきました。

 もし「何とか捌かなくてはならない…」ということで,少しでも割安な形でOLED搭載のiPad,MacBookが誕生すれば,こんなにうれしいことはありません。
 そう,問題は価格なわけです。
 iPadPro限定にして,値上がりを最小限に…などという配慮をAppleがしてくれるのであれば,私,購入しちゃうかもしれません。

f:id:es60:20190622120936j:plain



 そのくらい「眼への優しさ」が違います。OLED!

 

OLED? MiniLED? MicroLED?

 しかし,すっきりしない面もあります。
 それは,現在のLCD「後」の流れが鮮明ではないことです。

 これまで本ブログでも紹介してきたとおり,このままOLED化が進むと思いきや,現在の液晶を進化させた「MiniLED」,OLEDの先の技術である「MicroLED」という,異なる規格のディスプレイに関する話題が出てきているわけでして…。

 「MicroLED」はもうちょっと先として,「MiniLED」の存在が気になるのです。
 自分とすれば,すんなり「全てをOLED化」でいいんじゃないかと思うのですが…。

 コストの問題等があるのでしょうかね?
 それにしても,そろそろOLEDも「特別なもの」という存在でなくなってもらわなくては困ると考えます。
 Samsungに牛耳られているのが,諸悪の根源ですかね?
 JDIも,潰れかかっている場合ではないのですが…。