カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「ノッチ見直し」と「Touch ID」と「Face ID」と…〜3つのからみ具合が問題だ!〜

広がる「2020iPhone」の噂…

 ここに来て,2020iPhoneの情報が花盛りです。
 2019iPhoneの立場が心配…。
 立場もそうですし,売上も…。

 さて,そんな「2020iPhone」についてのここまでの情報としては,
「5G」「ノッチ縮小」「Touch ID再登場」
というあたりが,ここまでの主なキーワードでした。

 総括すると,
「ノッチは残る」「Face IDとTouch IDのダブル認証」
というあたりに落ち着いていたように感じます。

 しかし…。
 ここに来て,もっと踏み込んだ情報が複数来ています。
 何と,インカメをディスプレイ下に埋め込むと同時に,Face IDが消えるという衝撃的な噂まで!

 

 

「ノッチ見直し」が意味することとは?

 これらの記事のキーワードは「ノッチ見直し」です。
 その上で,
「2020iPhoneで超小型のインカメが採用されることで,大幅に画面占有率が改善される」
という書き方をしています。
 この意味合いがなかなか微妙です。
 「専有面積が改善される」ことが,「ノッチの縮小化」を意味するのか,もっと深い意味をもつのかということ。

 これまでは,当初予想されていた「2019iPhone」でのノッチ縮小はなく,2020モデルでようやく一回り小さいノッチが搭載されるようになる,という考え方が主流でした。 

 しかし,上記記事内には,
「早ければ来年にもAppleは新iPhoneの一部モデルでFace IDを廃止し,ディスプレイ下にインカメラと指紋認証センサーを埋め込むだろう」
というレポートも紹介されています。

 問題は2点。

 1点目。

 Android勢と比べ,これまで牛歩のように進んで来たiPhoneの「ノッチ管理」が,いきなりスピードを上げて,その方向性を変えようとしているという点です。
 私なんかは,
「AppleはFace IDのよさを生かすために,ノッチを消すことに興味はそれほどの無いのでは?」
と考えてきました。

 しかし,もしAppleの方向性の急変が,「対Android」の考え方にによってもたらされたものなら,Appleの焦りが見えることに繋がりますね。

 2点目。

 こちらがより衝撃的なのですが,「Face IDが消滅する」ということについてです。
 これまでAppleは,「Face IDの安全性の高さ」を声高に主張してきました。だからこそ我々ユーザーも,大きなノッチを許容してきたわけです。

f:id:es60:20190711202156j:plain

 それが「Face IDを廃止してTouch IDのみの態勢に戻る…」というのでは,絶対に納得がいきません。

 「安全性よりも見栄えを取る」
 「過去の主張を曲げて180度異なる主張をする」

 これでは,iPhoneの「ブランド力」は地に落ちてしまうでしょう。

 

試されるAppleの先見性

 Appleが「iPhoneX」でぶち上げたFace IDの有効性。
 もしそれがほんの数年で覆されるなどということになれば,「ノッチ」は最悪の黒歴史となること必須。

f:id:es60:20190711202114j:plain

 これが,発展的に「ディスプレイ埋め込みのインカメ」に形を変えながらも,「Face ID」という方式が守られていくのであればいいでしょう。
 しかし「廃止」となるのでは,大いなるAppleの敗北です。
 そして,iPhoneX以降のユーザーの敗北です。

 Appleの先見性やいかに!
 この1〜2年で,試されることになりそうです。