カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「PowerBeats Pro」レビュー② 取って出し音質編〜「音質のよさとは?」を考えさせられる「問題機」〜

総じて「PowerBeats Pro」音質評価は上々ですが…

 昨日は,「PowerBeats Pro」の開封およびペアリングの様子をお届けしました。  

f:id:es60:20190719210727j:plain

 その中で,音質面に関し,
「手放すことも考慮に入れての様子見…」
と考えていることを書かせていただきました。

 これまでの「PowerBeats Pro」の音質レビューに関しては,非常に好意的なものが殆どです。米国内のレビューも多数ありますし,ギズモードさんなどの日本のサイトの先行レビューもあります。
 そして,その殆どが「◎」の評価ですね。

 しかし,私は「△」です。
 それも,「❌️」に近い「△」です。個人的には。

 PowerBeats Proの音を聞いていると,
「音質のよさって何だろう?」 
と考えさせられます。

 やはりこの世界は「大いなる沼」ですし,そこに個人的な「好み」という部分も加味されてきますので闇は深まるばかりなのですが,ここからは,あくまでも個人的な見解で,初期音質レビューをさせていただきます。

 あっ!
 その前の大前提として,

「MOMENTUM True Wireless」と音質面で比較できる機種ではありません。
 音質ではダントツで「MOMENTUM True Wireless」が優秀です。

f:id:es60:20190720091613j:plain

 全ての面で。
 ですから,単純に音質だけを考えているのであれば,迷わず「MOMENTUM True Wireless」に行くことをお薦めします。
 

「PowerBeats Pro」の全体傾向と大いなる問題点

 まずはPowerBeats Proの音質傾向から。

①中音山盛りの強ピラミッド
②高音の伸びはないが,中音が山盛りになってる余韻を引きずってか,不思議と不足感は感じない
③低音は高音よりはしっかり出ている。しまりがあり,質は非常に優秀
④解像度はAirPodsよりは格段に高い

▲⑤音が平面的(特に前後の奥行き感が絶望的)
▲⑥中音が強すぎて全体のバランスを崩している
▲⑦強い中音が近すぎる
▲⑧低・中・高の繋がりが悪い…,というか団子になって聴こえる
▲⑨艶がない。決定的に…(これも致命的)

 確かに,AirPodsに比べると解像感が増し,クリアに聴こえます。
 これはまちがいありません。

 しかし…。
「PowerBeats ProのほうがAirPodsよりも高音質か?」
と問われると,私は即座に「イエス」とは返答できません。

 その根本的な理由はただひとつ。
「PowerBeats Proで音楽を聴きたい…とあまり思えない」
からです。

 その最大の理由は,上記の「⑤」「⑨」あたりなんだと考えています。
 PowerBeats Proの音質が「平面的」…というのは,
「左右の広がり▲」
「奥行き感❌️」
という音場の問題にあります。

 まあ,団子で聴こえるのです。音が。
 AirPodsは,確かに解像度が低くて高音が伸びるわけではありませんが,左右への広がり,前後の奥行き感を感じることのできる音作りがされています。

 これが結構大切なことで…。
 想像してみてください。
 PowerBeats Proのある程度解像感のある音が,耳元近くで,ボーカル帯の中音盛り盛りの帯域で鳴らされたら…。
 しかも,左右への広がりがなく,奥行き感もない音。つまり,平面的で立体感のない音だったら…。

 私は「これは違うかな…」と感じた部分が大きかったわけです。

 加えて,中音が強すぎるので,「低・中・高音の繋がり」にもスムーズさがありませんし,団子でただ盛り盛りとなっている音に「艶感」を求められるべくもありません。

 AirPodsは,それなりに艶を感じることができるのです。あのボワボワした低音も,そんな艶感に一役買っているという,非常に興味深い機種なのです。AirPodsは…。
 それも含めて「AirPodsの音質」なのです。

 

エージングは…期待できないかも

 以上,私にとってのPowerBeats Proは,結構な致命的欠点をもっている機種として,今のところ映っています。

 「MOMENTUM True Wireless」がエージングで大化けしたように,今すぐに決断しようとは思いませんが,BeatsXのときはあまりエージングの恩恵がなかったように記憶しているので,微妙です。
 「MOMENTUM True Wireless」の際は,以前「IE800」の経験から,初期の「カスカスぶり」は予想していましたので,想定内でしたが…。

 ワークアウト時の使用を考えているPowerBeats Proですので,「分析的に」というよりは「心地よく」聴きたいわけです。
 その上では「音場」「艶」というのは非常に大きな要因です。

 使用用途やイヤホンの総合的な評価を加味すると,自分にとって必要なのはAirPodsかな?…と現時点では大きく傾いているところです。

 今回は,「クリアで解像感が増した音」になったからといって,「音質がよくなった」とはいえないという,非常にシビアな体験をさせてもらいました。
 今後,ワークアウト時の使い勝手や,音質の変化などをしばらくの間検証して,最終判断をしていきたいと思います。

 次回は,「フィッティング編」です。
 これ,PowerBeats Proにとっては非常に大切な観点です!

 

Powerbeats Pro完全ワイヤレスイヤフォン ? ブラック

Powerbeats Pro完全ワイヤレスイヤフォン ? ブラック