カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「MacBookPro16インチ」はやはり来る?〜「シザー式キーボード」&「15インチ据え置き」で16インチ新設の噂〜

決着の時? やはり「16インチ」はやってくる?

 いや〜,続々と出てくるんですよねぇ〜。
 そう,「MacBookPro16インチ」の情報です。

 本ブログでは懐疑的な見方をしてきました。
「5月にマイナーアップデートをしたばかりのものを,半年も経たずに置き換えるのは,ユーザーに失礼じゃないか!」
という考えです。 

 まあ,その「ユーザー」って私なのですが…。

 しかし,この記事でも述べているように,
「15インチは据え置いて,16インチの高性能Proを新設する」
ということなら合点がいきます。

 しかし,そこで問題になるのが価格。
 これまでの情報では,「31万〜35万円」あたりがベースとなりそうだということ…。

 現行15インチの価格は,「8Core」の上位モデルのベースが「30万円」となっており,「新設」の,しかも「高性能」Macが,15インチの価格より「5万円しか上昇しない」ということに大きな違和感を感じるのです。

 ただでさえ,「Pro版」と銘打つデバイスは,目玉が飛び出るくらいの値付けをしてくるのがApple流。今年の「Mac Pro」がいい例です。
 「僅か5万円程度」であれば,画面の拡大とキーボード変更程度の足しにしかならないのでは…?

f:id:es60:20190726200455j:plain

 

ようやく見えてきたモデル展開の未来!

 これまで,様々な情報が錯綜して息苦しさを感じていました。
 その最大の原因は「今後のモデル展開」の不透明さです。

 いきなり「16インチモデル」といわれても,
「じゃあ15インチは?」
となるわけで,サイズ的,性能的に,Appleが描いているMac像が全くユーザーに届いていないことが原因です。

 しかし…。
 特に上記の「gori.me」さんの記事にある,いつものミンチー・クオ氏の資料が,全てを解決してくれるかもしれません。
 それがこちら!

f:id:es60:20190726200856j:plain

 これが事実だとすれば,多くの疑問に合点がいきます。

「16インチ」は新設。15インチは残る。
②2019「16インチ」のキーボードは「シザース式」に変更
③少なくとも2020年途中までは「Air」1機種,「Pro3機種」の4台構成で行く
④つまり…12インチMacBookはやはり廃版(泣)
⑤2020年には,全てのMacのキーボードが「シザース式」に移行
 これまでは,今秋に「Air」のキーボードが「シザース式へ…」という噂でしたが,どうやら16インチが「新シザース式」の初代となりそうですね。

f:id:es60:20190726202652j:plain

 Airの方も先日マイナーアップデートしたばかりですので…。

 とりあえず,「15インチ」も継続…ということならば,16インチ新設も許せるかな…。
 

焦点は「2020年の改訂」 15インチは生き残れる?

 どうやら2020年前半までのロードマップは見えてきました。

 となると,焦点は「2020年の改訂」ということになりますね。

 この年のアップデートで「15インチモデル」はそのまま生き延びるのか?
 それとも16インチモデルに統合される形で消滅するのか?

f:id:es60:20190726202638j:plain

 「統合」となると,「Pro」が4機種から「3機種」の構成へと変更になりそうです。「Air」「13インチ」「16インチ」ですね。

 鍵は,新しい「16インチモデル」の位置付け次第ということになりそうです。

・15インチよりも「格上」の高性能モデルだったら,15インチは残る。

・それほどのパフォーマンスアップはなく,ディスプレイやキーボードの変更が中心の内容であれば15インチは吸収される。

 もし価格が「5万円程度」の上昇ということであれば,来年には15インチが消えてしまうことになるかもしれませんね…。