カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「iBasso Audio DX220」購入記(4)〜好みの音質になるか格闘編②〜「トータルバランス」「空間表現」「音の色艶」「聴き疲れ」…「iPhone VS DX220」の行方は?

「体重差」無視の異種格闘技戦の行方は?

 「iBasso Audio DX220」購入の経緯と,「DX220+有線イヤホン VS iPhone+MOMENTUM True Wireless」という,正に「体重差無視の異種格闘技戦」に突入する経緯については,過去記事をご参照ください。   

 今回はいよいよ,両システムの聴き比べ編です。

 ちなみに,「MOMENTUM True Wireless」に関しましては,本ブログで散々記事にしておりますので,そちらをご覧いただければと思います。 

 今回は,DX220の音質を中心に書かせていただき,最終決断まで行きたいと思います。

 

「DX220」は,銅線バランスリケーブルがしっくりくる! 

 まずは,Westone UMPRO30に接続するケーブル選びです。

 PRO30付属のケーブルは問題外。

f:id:es60:20190801092654j:plain

 スケールが小さく,音場も狭い。音の艶,張り出しとも全く物足りません。
 やはりDX220は,バランスケーブルありきで考えた方がよさそうです。

 次に,銀線素材の2.5㎜バランスリケーブル
 ヤフオクで購入したものですが,結構贅沢な造りになっています。
 その代わりに線が大変固くて使い勝手はかなり悪いですが…。

f:id:es60:20190801092900j:plain

 銀線の特徴丸出しで,超高解像度,高音のびのびで,もっさりした感じを受けるAK120Ⅱでは重宝しました。

 DX220Ⅱ接続すると,ぱっと視野が開けたように特に「横方向」に音場が広がります。
 もちろん解像度はバリ高。

 しかし…。
 広がった音場が「横一列」で,奥行きが物足りないのと,ボーカル帯が他の音色と横並びに出てくる感じ。
 また,解像度は高いものの,私の耳には「高すぎ」と感じるほどで,しかも高音が異様に強すぎるため,そこだけが目立ってしまいます。

 横並びの音場とともに,なにか「能面」のような音で,聴いていて全く楽しくありません。DX220には合わないかな…?

 最後の銀メッキ銅線2.5㎜リケーブル

f:id:es60:20190801093522j:plain

 こちらもヤフオクでの購入。
 AK120Ⅱでは,高音側の伸びが物足りずに,銀線に出番を奪われていましたが,今回のDX220では,ビンゴでした。
 というか,ケーブルの性質を度外視しても,「DX220」と「AK120Ⅱ」の能力差は明らかですね。
 断然「DX220」が優れています。全ての面で。
 時代の進化なのか,メーカーの音作りの違いなのか…。
 この「DX220」,評判なのが分かるDAPです。

 DX220の超高解像度の音と,低音寄りになる銅線素材が丁度いい具合にフィットします。
 ボーカル帯の中音域もはつらつとして主張しますし,低音もしっかり出ます。
 高音域もしっかりと伸び,破綻がありません。

 「MOMENTUM True Wireless」は,解像度は高いものの,高音域で息切れするのが分かりますので,明かな差が見て取れます。

 というわけで,この銅線素材のバランスケーブルで「MOMENTUM True Wireless」と勝負です。

 

 ちなみに,「DX220」には,AndroidOSとMangoOSの2つのOSが搭載され,双方に異なるプレーヤーが用意されていることは,以前の記事でご紹介しました。
 「MangoOS」は音質に特化したバージョンになるとのことで,こちらの音も聴いてみたのですが,私には「濃厚すぎて」合いませんでした。

 ドロドロしているというか,音が分離せずに固まっているというか…。
 特にボーカル帯の中音域…。
 見晴らしのよい音を望むのであれば,私はAndroidOS側のプレーヤーを選択します。

 

さて,判決! それでも私は「iPhone+MOMENTUM True Wireless」を選ぶ

 じっくり聞き比べての結論です。

 たしかに「DX220」は素晴らしいDAPです。

 しかし,私は「iPhone+MOMENTUM True Wireless」を選択します。

f:id:es60:20190801102912j:plain

 その心は…。

①「MOMENTUM True Wireless」も十分に高音質である

 普通,ダントツに高音質のモデルを聞いた直後に,従来のモデルを聴くと,アラが見えてくるものです。
 しかし,「DX220+UMPRO30」から「iPhone+MOMENTUM True Wireless」にシステムを変更しても,「音質が悪くなった」という感覚がしないのです。

 もちろん,解像度だったり,音の張り出し,高音域の伸び,引き締まった低音というように,部分部分でみると当然DX220の方が勝っているのですが,その部分でさえ,「MOMENTUM True Wireless」が全くダメというレベルではありません。

 普通であれば,レベルが高い音を聴くと,後戻りはできないものですが,そうならないあたり,「MOMENTUM True Wireless」の基本性能の高さを物語っているように感じます。
 「MOMENTUM True Wireless」も十分解像度が高く,低・高音も立派な,いい音です。

②中音域の表現の違い

 DX220は「中音域が主張する」と前述しましたが,私にはやや「主張しすぎ」のように感じます。
 若干前に出すぎなのに加え,解像度,音圧もかなりありますので,どうしてもそこが目立ってしまうのです。

 反面「MOMENTUM True Wireless」は,しっかりとした中音でありながら,本当に低・中・高音域の音のつながりが素晴らしいのです。
 ダイナミックドライバーの特徴ということもあるかもしれませんが,IE800のときに感じてた中音域の引っ込みもありませんので,やはり「MOMENTUM True Wireless」独自の特徴であると考えます。 

 長時間聴いていると,「DX220」では中音が悪目立ちするようになり,これが気になってしょうが無くなります。
 濃厚な音だけに放っておけないレベルなのです…。

③空間表現の違い

 ②にも書いた,低・中・高音の繋がりの自然さに加え,「MOMENTUM True Wireless」は空間表現が100点満点の巧みさです。

 DX220も悪くはないのです。
 横の広がりも十分。縦方向の奥行きもあります。

 しかし,「MOMENTUM True Wireless」はこれに加えて「3D的」なといいますか,「全方位的」な音の広がりをするのです。
 縦,横という表現ではなく,自分の周りを「ボール状の球体で」音が包んでいる感覚です。

 この空間表現が音の広がり,そして「艶」を生みます。
 解像度がありながらも優しい音。そして聴いていて楽しく,心が安まる音。
 音に包み込まれているという感覚が,トータルとして音のレベルを向上させているのだと思います。

④聴き疲れの違い

 「DX220」は,音圧もあり,中音の主張も強いことから,ある程度聴き疲れします。高音が刺さるわけではないので,絶望的ではありませんが,密閉感も強く,「しょうがないかな?」という感じ。

 しかし,「MOMENTUM True Wireless」はこの聴き疲れというものを感じない不思議な機種なのです。

 カナル型なのに密閉感がなく,非常に開放的
 ダイナミックドライバーのリスニング傾向の音とも相まって,本当に気持ちのいい音。
 イヤピースの選択にはシビアですが,ひとたびぴったりくるものが見つかったら,手放せなくなること請け合いです。 

 というわけで…。

 私は「iPhone+MOMENTUM True Wireless」を最上の選択としました。

 使い勝手云々ということではなく,純粋に音質の評価をしてということです。
 これだからイヤホンの沼の世界は怖いです…。

 壮大な実験となりましたが,今はなぜか非常にすっきりとしています。 

ゼンハイザー Bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン MOMENTUM True Wireless (M3IETW BLACK)【国内正規品】

ゼンハイザー Bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン MOMENTUM True Wireless (M3IETW BLACK)【国内正規品】