カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

新型iMacは「10Core」の「Comet Lake-S」を搭載して来春登場?①〜iMacも1年周期での改訂になるの?〜

iMacは来春登場?

 現行iMacは,CPU変更を主な内容として,今年の3月にリニューアルされました。

 私も,2017モデルから買い換えたのですが,その主な理由は,第7世代と第8世代の性能差,特に「コア数」の違いによるマルチ面での性能を考えた結果でした。 

 2017モデルは「第7世代・4Core」,2019モデルは「第8世代・6Core」という,標準CPUの基礎体力を考えたときに,当時のMacBookPro15インチでさえ「6Core」なのに…という思いが強くなったのです。

 まあ,その後あっさりと15インチは「第9世代・8Core」の最新CPUを搭載したわけですが…。

 そんな中,IntelCPUのロードマップと照らし合わせた際,
「新型iMacが来春にも登場するのではないか…」
という情報が来ています。

 個人的には疑問もありますが,どうなるでしょうか?

f:id:es60:20190828190753j:plain

 

「10Core」?

 記事によると,新型iMacに搭載が予想されるのは,「Comet Lake-S」という型番のCPUのようです。

 これまでの「Coffee Lake」系からいよいよモデルチェンジということでしょうか。

 この「Comet Lake-S」は14nm+++プロセス製造で,「最大10コア/20スレッド」の構成になるようですね。
 ということは,もしこのCPUが搭載された暁には,MacBookPro15インチの性能を上回ってくるということになるでしょう。

 ここ数年,「コア数」の増加がCPU性能を語る上でのキーワードになっていますね。
 数年で「4Core」が「10Core」に増加って…。
 もはや脳みそがついて行きません!

f:id:es60:20190828191922j:plain

f:id:es60:20190828191926j:plain

 それにしても疑問なのは,MacBookProに比べて,その更新間隔が広く取られてきたiMacが,1年ほどの期間でモデルチェンジを行うか?…ということです。

 販売実績からいうと,当然その主力は「MacBookPro」であることは明らかです。
 だからこそ,これまでのモデルチェンジサイクルがMacBookProの方が短かったでしょうし,最新のCPUを搭載するのも最近はMacBookProの方が早い傾向がありました。

 2019春に更新されたiMacが,2020春にリニューアルされるのか?

f:id:es60:20190828193441j:plain

 すんなり「そうだ」…とはいえない大人の事情もありそうです。

 次回は,個人的に非常に気になっている2点について,書かせていただきたいと思います。