カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

腰痛対策の決定打となるか? ハーマンミラー「ミラ2チェア」買ってみた!③〜到着編 「ひと座り」で分かる10万円超の意味合い〜

HermanMiller 「Mirra 2 Chair」来た〜!

 「腰痛対策に…」
という思いで,HermanMillerの「Mirra 2 Chair(ミラ2チェア)」を購入したということはお伝えしました。  

f:id:es60:20190826211510j:plain

 購入先の庄文堂さんの対応は迅速で,入荷とともに検品,そして出荷と,予定通りに手元にやって参りました。
 前の記事でも紹介したとおり,正規販売店で購入すると,「組み立て完成品での納入」「設置場所への搬入」「梱包材持ち帰り」「不要Chairの引き取り」などが全て無料のサービスで行われます。

 さて,このミラ2チェア。
 一目惚れした「ターコイズ」カラーは最高なのですが,一見「これで10万円超?」という思いが正直過ぎりました。
 見た目の高級感はそれほどではありません。
 それほど大柄なものでもありませんし。

 しかし…。
 正に「座れば分かる」という逸品ぶりでした。

 

「座る」ことへのこだわりに感心!

 ミラ2チェアの全体の印象は,高級な布地や革のような素材が皆無であり,金属的な要素もなくプラスチッキーな素材が殆どであるため,どうしても「高級感」という味方からするとマイナスに働きます。

 しかし,その見た目の要素があくまでも「見た目」似すぎないということは座れば分かるのですが,その点については後述します。

 まずもって,「ミラ2チェアと」一般のワークチェアとの決定的な違いは,「クッション性の考え方の違い」といえるでしょう。

 座面を見ると…。
 このように,クッション性の要素となるものは,一見すると感じられません。

f:id:es60:20190831104537j:plain

 1枚のネットがピーンと張られているのみ。本当にこの1枚のみです。
 また,背もたれもこのような感じ。

f:id:es60:20190831104659j:plain

 同様のネットの裏側に,葉脈状になった「土台部分」が支えとして取り付けられているだけです。

 違和感の正体は,「厚み」「クッション部分」が無いことなのでしょう。
 柔らかめにしても,硬めにしても,その座り心地や快適感は,座面等の素材・硬さなどが影響するわけですので,この部分が「1枚のネットになっていること自体」が大きな違和感として映るわけです。

 しかしこの「ネット部分」が実にいい仕事をするわけです。
 座った印象は意外なことに「固め」。
 絶妙なテンションで張られているため,体重をしっかりと受け止めながらも,だらしなく沈み込む感じは全くありません。
 むしろ,
「もう少しだけ張りがゆるくてもいいかな…」
というくらいです。

 背もたれは実に絶妙。
 ヘッドレスト部がない低いタイプですが,背中をしっとりと受け止めてくれるため,デスクワークにおいては何の不自由も感じません。

f:id:es60:20190831115931j:plain
 身体の動きにも実にダイレクトに追従してくれますし,機動性を重視した「デスクワーク」を想定してつくられたという,製作者側の意図を感じることができます。

 正に,
「座れば違いがすぐ分かる!」
というあたりに,「高くても売れる」要因を見いだすことができました。

 「ひと座り」で「違い」を感じることのできる「ミラ2チェア」ですが,真骨頂はその「カスタマイズ性」です。
 次回はとことんこだわった多様に調整機能についてお伝えします。

★Amazon★ 

 ★楽天★