カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

400ドルのiPhone8後継機? iPhoneSE後継機? 小型廉価機が2020年春に登場?〜以前の噂が復活 その現実味は?〜

小型廉価版iPhoneはやはり来る?

 iPhoneSE2の噂以降,出ては消え…を繰り返しているのが,小型iPhoneあるいは廉価版iPhoneに関する情報です。

 一部ではニッチな需要のため「出ない」と強く主張する層もいるようですが,それとは逆にことあるごとに「必要論」も登場していますね。 

 未だに現役であり,人気モデルでもあるiPhone8に関しては,以前,
「2020年初めに,後継機種が出る」
という情報が出回りました。 

 この他にも,「iPhoneXe」なる小型iPhoneの情報もありましたね。

 そしてこの度,この噂を繰り返すような情報が来ています。
 「400ドル」の小型廉価版iPhone。
 本当なのでしょうか?

f:id:es60:20190904202048j:plain

 

意欲的な価格設定は本機の証か?

 記事によると,発売予定とされるiPhoneは「iPhone8」と酷似しているということで,以下のような情報が掲載されています。

・4.7インチ液晶ディスプレイ
・Touch ID
・A13チップ搭載?
・400ドル

 いかがでしょう?
 信憑性のほどはいかに?

 以前の記事にも書きましたが,「新機種」を出すのであれば,ベゼルレスの「iPhoneSE2」のような形で出してもらいたいわけですが,より「廉価に」ということであれば従来のボタン式Touch ID…ということなのでしょうか?

f:id:es60:20190904201900j:plain

 それにしても驚くのはその価格です。
 400ドル!

 もしこれが本当であれば,「ニッチ」とは言わせないほどの割合のユーザーが「移行」するように思えます。

 近年のiPhoneの価格の高騰に加え,2019iPhoneの発展性の薄さ,更に,日本独自の問題ですが,キャリアを絡めた料金問題という様々な観点が絡み合い,もしかすると爆発的に売れる…と考えるのは思い違いでしょうか?

 ただでさえ,「性能」に関してはもう十分なわけです。

 サイズ感にしても,「4.7インチ」よりも大きくなることにメリットを感じていないユーザーも多いはず。
 ベゼルレス,Face ID等の目新しさに惹かれないのであれば,現行の「8」でも十分なわけですので,
「もしこれが本当に400ドルででるのであれば,iPhone11はやめておこう…」
と考える方々も多いのでは…?

 いや〜,「現実味」が非常に気になる製品です。
 この機種が「後出し」になるのは,ちょっとズルイです,Appleさん!