カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iPhone11,iPhone11Proの予約状況を考える〜iPhone11伸び悩み,iPhone11Pro堅調の裏側にあるものは…?〜

んっ? 「Pro」がどんどん売れていく…

 初の「午後9時」予約開始となったiPhone11シリーズ。

 今後もこの形態が続くのか,それとも何らかの事情による今年限りのものなのか…。ちょっと興味がありますね。
 いずれにしても,仕事を持っている方々がじっくりと腰を落ち着けてスマホやパソコンの前に座って待機できる…という点に関しては,こちらの方が好ましいのかもしれません。

 さて,今朝の記事でもご紹介しましたとおり,無事に「iPhone11Pro スペースグレイ・256GB」を,auの円ラインショップで予約しました。

f:id:es60:20190914095743j:plain 

 数分前から待機しておりましたが,「午後9時」正にジャストで画面が切り替わり,予約可能な状態になりました。
 昨年同様,接続に関す不安は皆無で,実にスムーズに予約完了となりました。「21:02」に予約確認メールがauから届きましたので,発売日受け取りが確実だと思われます。

 ちなみに,YouTubeの「マスクザフリーマンTV」というチャンネルで,iPhone11Proの予約の様子を紹介していましたが,AppleStoreでの購入では,午後9時を5分ほど過ぎてようやく予約可能画面が切り替わるという展開だったようです。
 そりゃ,イライラしますわ…。

 そういえば昨年のiPhoneXSとWatchSeries4を予約した際も,auオンラインショップのiPhoneXSはすんなり予約できたものの,その後にAppleStoreを除くと未だ「開通」していない状態だったように記憶しています。

 そして,肝心の予約状況なのですが…。
 予想以上に「Pro」に人気が集まっているようですね。

 

「ミッドナイトグリーン」「512GB」から売れる…

 昨年のモデルも,全体的に不人気の中,「Max」の「512GB」が瞬殺の様相でした。
 そして今年も同様の傾向でしたね。

 自分の予約が完了してからチェックしてみると,

 9:05・・・iPhone11Pro Maxの「256GB・512GB」
 9:10・・・iPhone11Pro「512GB」
 9:25・・・iPhone11Pro「256GB」

という順番で,発売当日配送不可の状態に変化していきました。

f:id:es60:20190914100333j:plain

 色は予想通り「ミッドナイトグリーン」から埋まっていきましたね。
 反対に「ゴールド」は明らかに不人気が分かるような変化を辿りました。
 一夜明けても,iPhone11Proの64GB・256GBであれば当日受取が可能な状態でしたので…。
 ※9/14・16:00の段階でも,64GB・256GBは当日受け取り可のまま

 逆に予想外だったのが,iPhone11の初動の鈍さです。
 9/13中であれば,どの色,どの容量にも空きがありました。
 翌14日早朝の段階で,「グリーン」と「パープル」の「128GB」のみ,初期予約が埋まっておりました。

 今年のiPhoneの主役はどう考えても「無印」だと考えていましたので,意外でした。
 128GBから埋まる…というのは分かりますね。本当であれば「Pro」にも設定して欲しかった容量です。

 

「Pro」の生産量を絞ってきた?

 今年のiPhoneは「Pro」の予約が早々に埋まる…というちょっと驚きの結果となっていますが,これ,Apple側の操作が原因ではないかと考えます。

 Apple側も,今年度の「Pro」に関しては,大きなイノベーションが少ないことは重々承知していたはず。とすれば,昨年度のようにいつまでも初期予約分が埋まらずに「不人気」と叩かれるよりも,最初から流通量を絞っておいたのではないでしょうか?

 それを裏付けるように,「9/20」の受け取りを逃した場合でも,「9/25」受け取りが可能であり,本来品薄になりがちなMaxの512GBでもそれ以降の期日になかなかずれ込んで行かない状況となっています。

 予約状況を見て,その数に合わせて出荷できるような準備が整っていたのではないでしょうか?

 一方のiPhone11。こちらに関しては,恐らくProよりも当初に準備されている数がかなり多いはずです。その分なかなか予約分が埋まらないのかもしれませんが,価格,性能等を考えても,断然コスパが高いのは「無印」の方。
 今年のiPhone11は,昨年度のXRのようなじりじりするような期間はなく,安定して売れるでしょう。

f:id:es60:20190914100027j:plain

 しかし…。
 多くのユーザーが「2020iPhone」を念頭に,今年のモデルは「見送り」という判断を下しているはずです。
 さて,一体どのくらい売れるのか。
 「意外と売れたな…」なのか,「やっぱり売れなかった…」なのか。第2四半期あたりの業績結果に注目ですね。