カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

★悲報★ Apple WatchSeries5のバッテリーがモリモリ減る件について…〜Series4と同等…ではない! Series5に2日目は無し…〜

不安視はしていたが…

 先日は,Apple WatchSeries5の最大かつ「唯一」ともいえる売り,「常時表示ディスプレイ」において,その「見え方」と「レスポンス」に課題がある…ということを書かせていただきました。

 Series4とチップ性能も,筐体デザインも,本体の機能も全く一緒ということで(ストレージが16GB→32GBと倍増したが),この「常時表示」に不満が残るのはある意味致命的ともいえる状況。Series4を使用している方は,無理して買い換えなくてもいいとも思える出来だと,私個人は感じています。

 しかしまあ,「常時表示」という一定の評価ができる新機能がつきながらも,「バッテリー消費に関してはSeries4と同等」に抑えていると,Appleが主張していることで,
「それだったら,まあいいか…」
と納得していました。
「本当にバッテリーもちは大丈夫なの?」
という思いも抱きながら…。

 どうも様子がおかしい。
 まだ使用して2日ですが…。

f:id:es60:20190921124712j:plain

 バッテリーの減り,明らかに悪化してませんか?

 

ぐんぐん減っていくのですが…

 9/20,Appleより到着。
 帰宅後に各種設定を終えその日はそれで終了。

 翌9/21。
 ちょっと遅めの起床。満充電のApple WatchSeries5を午前8時に装着。昼前頃から違和感を感じ始めます。明らかにSeries4のバッテリー数値よりも早く減っているのです。

 12:35の状態がこれ。

f:id:es60:20190921125250p:plain

 すでに16%減っています。
 特別いじくってはいませんよ。盤面設定は前日に行いましたが。
 この日特別にやったことといえば,Apple Payのためのカード登録くらい。登録とはいえ,Series4に登録していたものの移行ですので,各カードごとにセキュリティー番号を入力したくらいです。
 これはまずい…ということで,追跡調査することに。
 以下,スクショをとった順に並べていきます。

f:id:es60:20190921163442p:plain

16:34 げっ! この減り方はヤバイ

f:id:es60:20190922111648p:plain

20:05 順調に減っております…

f:id:es60:20190922111724p:plain

22:01 ワークアウト(イヤホン利用あり)を終えると…

f:id:es60:20190922111802p:plain

23:54 就寝前には禁断の30%切り…

 ヤバすぎです!
 これまで,ワークアウトを結構がんばった日でも,私の使い方では50%を切ったことはありませんでした。
 それが一気に30%切りの「記録更新」です。

 試しに,本日22日の記録もとってみました(本記事アップ直前分まで)。

f:id:es60:20190922184526p:plain

10:04 8:00から装着してすでに減り始める

f:id:es60:20190922184610p:plain

11:53 すでに10%減 減りが早い!

f:id:es60:20190922184655p:plain

13:04 なんと1時間ほどで5%も減る…

f:id:es60:20190922184733p:plain

15:49 昨日よりはやや減りのペースが遅いか?

f:id:es60:20190922184844p:plain

16:45 この分だと就寝時までにはかなり減りそう…

 今日は一日中家にいたため,バッテリーの減少具合を考えると「最低ペース」だと言えます。この間Watchで音楽も聴いていませんし,もちろんアクティビティもしていません…。
 Series3のCellularモデルをiPhoneと接続しないで単独利用していたときのような減り方…。これはまずいです!

 明らかに減り方が尋常ではありません。 

 

初期の症状か,それともこれが実力か?

 iPhoneなどでも,まっさらな状態の時より,数日経ってバッテリーが落ち着いてからの方がバッテリーもちがよくなるということがあります。Watchのこの状態が,「バッテリーがこなれていないため」によるものなのか,それとも「これが実力」なのか,非常に気になります。

 恐らくは,これが「実力」だと思いますよ!

 前述したように,私の利用方法としてはそれほどハードに使うこともなく,Series4では,1日で50%を切ることはありませんでした。大概は60%台で収まる範囲。
 しかしSeries5の2日目,3日目は上記のような具合です。

 Appleとしては,「常時表示機能」を搭載しても,優れた省電力化により,Series4の「18時間駆動」と同数値を実現したことを謳っていました。
 この「18時間」というのは現実的な使用時間ではなく,Series4では無理しなければ2日ほどの利用は可能となっていました。スリープ時の時間等を加味することになるからです。

 「常時表示」機能をオンにした際,本当にSeries4と同等の効率で駆動されているのか,今後の使用で明らかになっていきますが,もし「謳い文句に齟齬」があるようであれば,今回のSeries5は「失敗」と叩かれることになるかもしれません。

 ただでさえ目新しい新機能はありませんので…。